闇金の相談を弁護士にした後、嫌がらせ、仕返しや報復はないの?

最終更新日 2019年7月1日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

闇金の相談を弁護士にした後、嫌がらせ、仕返しや報復はないの?

闇金のことを弁護士に相談した後でも、嫌がらせや取り立てを受けるか心配になりますよね。

 

闇金を利用すると、業者が取り立ての際に

 

「弁護士事務所に駆け込んでも無駄だ。そんなことをしたら痛い目に合わせてやる」

 

などと脅してくる可能性があります。

 

しかし、ここで闇金の言うことを鵜呑みにする必要はありません。

 

闇金と債務者の間に弁護士が介入したからといって、嫌がらせを受けるケースはほぼゼロです。

 

むしろ、弁護士が介入することで闇金が悪質な取り立てをやめるケースがほとんどです。

 

闇金に強い弁護士に頼んだ場合は穏便に解決することができます。

闇金の弁護士が介入した後嫌がらせがピタリととまる理由

法律の専門家である弁護士は、闇金業者が商売で使用する銀行口座を凍結したり、携帯電話を解約させたりすることができます。

 

また、闇金の摘発に向けて警察に働きかけることも可能です。

 

警察に摘発されてしまっては闇金の営業ができなくなるどころか刑罰を受ける可能性があるため、闇金側は「弁護士が介入した客の取り立てはやめよう」となるわけです。

 

さらに、闇金の取り立てにもそれなりの時間と人件費がかかります。

 

業者としても、弁護士による法的手続に着手され、お金の回収困難になったとあっては、わざわざ余計な時間やコストをかけて債務者に嫌がらせするような損なことはしなくなります。

闇金に強い弁護士・司法書士が介入すれば即日に嫌がらせは収まるケースが70%

闇金に強い弁護士に相談すれば、強引な取立てや悪質な嫌がらせなどはぴたっと収まり、静かな生活を取り戻せます。

 

 

当日に解決できるケースが70%

 

1~3日で解決できるケースが30%

 

です。

 

*注意点として、もともと返済する気がないのに闇金から借りたり、逆に闇金に嫌がらせを仕掛けているケースは例外です。

 

闇金に困って弁護士への相談を考えているのならば、闇金問題に詳しい弁護士に相談するのが得策です。

 

闇金問題に関する経験が豊富で法的解決のノウハウを積み上げてきた弁護士ならば、迅速に手続きをとってくれます。

 

また、万が一弁護士介入後にも闇金から嫌がらせがあったとしても、闇金に強い弁護士であれば再び同じことが起こらないようしっかりアフターフォローしてくれます。

 

闇金問題に強い弁護士の場合、弁護士費用は分割払いや後払いも効くので、迷わず相談してください。

 

闇金解決実績1万件以上「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。

 

闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

全国どこでも対応。相談無料。

 

ウォーリア法務事務所の解説へ

 

無料相談窓口はこちら

 

闇金業者はリスクをとらない

闇金業者は面倒な事を嫌うので、基本的に勝ち目の無い戦いはさっさと捨てて、次の獲物を探しています。

 

闇金側も銀行口座を凍結されたり、スマホを強制解約されて、仕事がなくなるのを恐れています。

 

最近、高金利貸付け、無登録営業に関する罰則が大幅に引き上げられました。

 

また、高金利を要求する行為そのものも罰則の対象となりました。

 

高金利違反 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金(注)

 

無登録営業 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金

 

金融庁のHPより抜粋

 

なので、必要以上に嫌がらせはしてこないと思ってください。

 

 

弁護士もそこを理解して動いてくれますし、同じ業者から被害に合わないように、対策を教えてくれます。


【まじめな人ほど損をする】嫌がらせが怖いからといって支払わないことが大切

闇金から一度お金を借りてしまうと、噂話や脅しを恐れて、ついつい返済を頑張ってしまう方がいます。

 

融資を受ける時はすぐに返せるから大丈夫、そんな認識で借りる人も多いと思いますが、そうカンタンには完済させてくれません。

 

五万円の融資を受けて、次の給料日やパチンコで勝った時にすぐに返す、そう考えていても返済額が数十万円になってしまいます。

 

 

こうして返済が追いつかないからと、他の業者を闇金から紹介され、闇金に返すお金を闇金から借りるループが完成します。


 

脅しや嫌がらせ、払わなかった時の報復や仕返しが怖いからと、どうにかして払おうとしてしまうのが闇金なのです。

 

実は闇金への返済義務はない

知らない方も多いのですが、

 

闇金からの借金は法律上では返済する義務はありません。

 

 

こんな理不尽な超高金利の貸し付けは、公序良俗に反して無効(民法90条)です。


 

中には貸金業者に登録している闇金業者もありますが、違法なくらい高い金利で貸し付ける業者に対して、お金を返せという権利はないんですね。

 

契約自体無効となり、返済する必要はないと法律で決められています。

 

だからといって自分一人で解決するのは困難。

 

闇金解決の実績がある弁護士・司法書士を頼ることが一番近道です。

どんな弁護士・司法書士でも良いわけではない

弁護士にも得意分野があり、闇金の問題は闇金に特に強い弁護士に相談してください。

 

闇金との取引には特殊なスキルや能力が必要となってくるので、依頼を受けてくれない弁護士もいらっしゃいます。

 

 

その為、近くの弁護士を頼ろうとしたら断られてどうしようもなくなった、という事態に発展しかねません。


 

良い弁護士をその場で紹介してもらえる可能性もありますが、出来るだけ闇金に強い弁護士に最初から依頼しましょう。

 

闇金との問題解決は一日でも早く行わなければ、どんどん追い込まれて動けなくなるので、素早い行動が大切です。

 

結果として弁護士を介入する事が出来れば、闇金からの仕返しや報復は心配しなくて大丈夫です。

 

だからといって返済する気が無いのに借りた場合は、アナタが犯罪者になるので気をつけてください。

 

参考になれば幸いです。