【任意整理で解決】飲み会の支払いや、家電の購入で借金80万円。

最終更新日 2019年7月1日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

【任意整理で解決】飲み会の支払いや、家電の購入で借金80万円。

 

80万円の借金を任意整理した実際のお話です


 

借入先 セゾンカード
借り入れ金額 80万円
借入期間 5年以上
毎月の返済額 2万円
借金減額方法 任意整理

 

42歳会社員です。

 

2010年2月に付き合いで「みずほマイレージクラブカードセゾンSuica(セゾンカード)」を作成し、元々現金主義だったこともあり当初は特に使用していませんでした。

 

 

最初はSuicaとして使っていましたが、セゾンカードは永久不滅ポイントが貯まる事から、飲み会の支払いや、家電の購入で少しずつ使用金額が増えていき、月々の返済額も20000円を越えました。

 

そこでリボ払いに変更したのですが、用使頻度が変わっていないのですぐに上限金額に到達、80万円近くの借金となった時点で使用を中止したものの、利息を返済するのが精一杯となってしまいました。

 

その上追い討ちをかけるようにうつ病で会社を休職、結局辞める事になって返済のあてが無くなりました。

 

 

80万円の借金をどうにかしないといけないので、とりあえず仕事を探しながらアルバイトで食いつなぐ事にしました。

 

うつ病の悪化を心配してあまり長時間働くことが出来ず、アルバイトでの収入は月15万円程です。

 

その中から月々の支払い分を除くと残りは2万円程で、全て返済に充てていました。

 

就職支援センターに通いながらバイトを掛け持ちして一時期は収入も20万円を越え、60万円程まで借金を減らしました。

 

しかし、そのような生活を数ヶ月続けたところうつ病が悪化、収入は激減し月々の光熱費の支払いも滞るようになり、利用限度額もすぐに元の額に戻ってしまいました。

 

バイトをしようにも体が動かなく、病院に通うお金もありません。督促状に怯える日々が始まりました。

 

 

絶望の中パソコンを眺めていたところ、偶然「アヴァンス法務事務所」という法律相談サービスを見つけました。

 

無料で相談が出来るとのことで、すぐに自分の現状を相談しました。

 

すると翌日メールが届き、担当の司法書士さんから「定期的な収入がある程度見込めるなら、任意整理にもっていけるかもしれない」というような内容の連絡を受けました。

 

実際に会って先日までバイトを掛け持ちしていたこと、掛け持ちする前は2万円程は返済できていたことを伝えたところ、任意整理の方向でセゾンカードの担当者と話を進めて頂けることになりました。

 

その結果、額は殆ど減らなかったもののお蔭様で利息が無くなり、気分的に楽になってうつ病も小康状態です。

 

収入は15万円程ですが、月々1万円ずつの返済を続けています。

 

 

アヴァンス法務事務所の解説へ

 

アヴァンス法務事務所の公式サイトへ

 

【任意整理で解決】飲み会の支払いや、家電の購入で借金80万円。関連ページ

【任意整理で解決】借金170万円に対して過払い金は180万円
かなり昔から利用していたカードローンだったので、相当に利息を支払っていたようです。改めて消費者金融ローンの利息はすごいと思ったわけですが、今回の過払い金請求で借金をマイナスにすることができました。
60万円の借金を妻が返済してくれたお話
妻は子供の教育費として蓄えていた貯金を切り崩し、全額を現金で用意してくれて、支払いをしたのです。