【個人再生後に返済できなくなった】2回目の個人再生をする前に「ハードシップ免責」という救済制度がある

最終更新日 2019年4月8日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

【個人再生後に返済できなくなった】2回目の個人再生をする前に「ハードシップ免責」という救済制度がある

一度個人再生をして分割返済を開始したのですが、少し無理があったので再度個人再生の手続きをしたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

 

また借金癖がなかなか治らず、個人再生によって返済完了した後、再度多額の借金を負ってしまい、また個人再生を利用したいというケースもあるでしょう。

 

2回目の個人再生ができるか気になるところですが、結論から述べると基本的に可能です。

 

 

ただ2回目の給与所得者等再生をする場合、一定の制限が課せられています。


 

個人再生後に返済が滞ってしまったらどうなるの?

個人再生の方法で借金整理する場合、手続き後、再生計画案に沿って債権者に分割返済していきます。

 

この手続きは継続的又は反復的に収入を得られる見込みがある人が利用できるので、基本的に返済できなくなることはありません。

 

しかし個人再生の手続き後、勤務先の会社をリストラされたり、給料を減らされたりすることもあります。

 

 

無収入になったり、当初より収入が激減したりすると、滞納してしまうことも十分考えられるでしょう。


 

個人再生後、返済が滞ってしまう場合、裁判所に申立て、返済期間を延長してもらうことで対応します。

 

ただそれでも返済できない場合は他の方法で借金整理するしかありません。

 

個人再生後、返済期間の延長をしてもらうためには、やむを得ない事由で再生計画案の通りに返済していくのが著しく困難になったことが必要です。

 

具体的には職場の事情でリストラや減給される、病気や怪我によって休職しなければならないなどがあげられます。

 

 

自分の落ち度で払えない場合は、延長を認めてもらえません。


 

返済期間の延長は最大2年と定められているので、個人再生手続き後、5年まで期間を延ばすことができます。

 

ただ返済額自体を減らせないので、延長後の期間内に再生計画案で定められた額を返済しなければなりません。

 

また個人再生の手続き外で処理している住宅ローン債務は返済期間延長の対象外です。

 

返済期間の延長を認められたとしても、返済するのが難しい場合は、自己破産の方法に手続きを移行することを検討します。

 

また再生計画によって定められた額の4分の3以上の返済を済ませている、債務者に落ち度がない事情によって返済がきわめて難しくなったなどの条件を満たせば、残りの返済を免除してもらえるハードシップ免責の利用も考えられます。

「小規模個人再生」か「給与所得者等再生」かで申し立てできるか決まる

個人再生手続き後、分割返済中に再度申立をする場合、最初に申立した個人再生が小規模個人再生か給与所得者等再生かで結論が異なります。

 

小規模個人再生であれば無条件で再度申立が可能です。

 

これに対して給与所得者等再生の場合、すぐに再度給与所得者等再生を申し立てられません。

 

給与所得者等再生の申立をして、一度認可決定が出ている場合、確定してから7年間、給与所得者等再生を再度申し立てられないという規定が民事再生法で定められているからです。

 

1回目 2回目 可能かどうか
小規模個人再生 小規模個人再生
小規模個人再生 給与所得者等再生
給与所得者等再生 小規模個人再生
給与所得者等再生 給与所得者等再生 7年間はできない

 

一方小規模個人再生の再度申立は特に規制がないので問題ありません。

ハードシップ免責という救済制度がある

ただ個人再生手続き中の場合いきなり再度借金整理の申立てを考えるべきではありません。

 

再生計画を変更によって返済期間を延長できたり、ハードシップ免責を利用できたりするからです。

 

ハードシップ免責とは、本来なら個人再生した後、返済できない場合は再生計画は取り消され、債務者が残りの債務の免責を得るためには、

 

別に破産手続きによる免責決定を得ないといけません。

 

しかし、債務者がきちんと返済してきたのに、病気やリストラなどいろんな事情が重なり、当初予定していた収入が見込めなくなり返済できなくなった場合の救済制度です。

 

 

一生懸命返済しているのに、不運が重なってしまった人の最後の切り札です。


ハードシップ免責を受けるための要件

・個人再生者が返済することが困難と判断された場合

 

・再生計画の変更が困難であること

 

・4分の3以上の返済を終えていること

 

・ハードシップ免責の決定をすることが再生債権者の利益に反するものでないこと
(要は清算価値保証原則を守りなさいということ)

 

ハードシップ免責は裁判所に対して免責申立書を提出します。

個人再生後の債務整理は可能

個人再生によって返済完了した後、再度多額の借金を負ってしまった場合も基本的に申立可能です。

 

再度多額の借金を負った原因がギャンブルや浪費の場合でも自己破産の免責不許可に相当する規定はないので、問題ありません。

 

 

ただ個人再生による分割返済中に再度申立をする時と同様、当初の個人再生申立が給与所得者等再生である場合、再度の給与所得者等申立は7年間制限されます。


 

以上、一度個人再生したけど返済できない。2回目の債務整理ってできる?についてでした。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

 

【個人再生後に返済できなくなった】2回目の個人再生をする前に「ハードシップ免責」という救済制度がある関連ページ

個人再生手続きとは?メリット・デメリットを解説 大切な住宅を残せる債務整理方法
個人再生に向いている人やメリット・デメリットを解説。任意整理と自己破産の違いも詳しくまとめております。
小規模個人再生と給与所得者等再生の違いをわかりやすく噛み砕いて解説
個人債務者再生には小規模個人再生と給与所得者等再生とあります。詳しく懇切丁寧に解説しております。
個人再生で住宅を残せる手続き「住宅資金貸付債権」を詳しく解説
「住宅資金貸付債権」とは住宅を残したまま借金を減額するための大切なお約束みたいなものです。
個人再生の清算価値保障ってなあに?最低でも所有している財産分は返済するということ
個人再生の清算価値保障ってなあに?
個人再生と自己破産のどちらを選択するか。弁護士の判断基準はわかれる
任意整理で処理できないほど膨らんだ借金について、個人再生と自己破産のどちらを選択するがという問題は、弁護士の中でも考え方の分かれるところでしょう。
個人再生にかかる弁護士費用と着手してからの流れについて解説!
ここでは個人再生の弁護士費用や着手してからの流れ、弁護士と司法書士の違い、和解できないときの対処法について解説します。
個人再生すると家族や職場にばれるの?
個人再生すると家族や職場にばれるの?
個人再生の手続きをすると一定の期間、住宅ローンの審査に通らない(><)
しかし永久に組めないわけではなく、一定期間が経過すれば組めるので心配する必要はないです。
個人再生すると銀行口座凍結されたり、キャッシュカードは使えなくなるの? 新規に作れる?
個人再生すると銀行口座凍結されたり、キャッシュカードは使えなくなるの? 新規に作れる?
個人再生するとクレジットカードはすべて使えなくなる?また新規で作れる?
現在利用しているカードが使えなくなるのはもちろんのこと、利用していないカードも使えなくなるので注意しておきましょう。
個人再生すると妻のクレジットカードや家族カードの新規の審査や更新はどうなるの?
個人再生の場合、奨学金の借入を債務整理の対象から外せるの?やはり家族にばれてしまう?
個人再生の場合、奨学金の借入を債務整理の対象から外せるの?やはり家族にばれてしまう?
アルバイトやパートまた無職や専業主婦でも個人再生できるの?
アルバイトやパートまた無職や専業主婦でも個人再生が出来るか解説します。
生活保護を受給中に個人再生をするのはほぼ不可能
生活保護の受給者でも個人再生を利用できるか気になるところですが、手続きを利用するのは難しいというのが結論です。
ギャンブルが原因での借金は個人再生できる?
ギャンブルが原因での借金は個人再生できる?
個人再生すると信用情報(ブラックリスト)に登録されるの?登録されたらどんなデメリットがあるの?
個人再生や自己破産すると信用情報や官報に載ります。任意整理は官報には載りません。
個人再生するとき自動車を手放す必要があるかどうかは自動車ローンを利用したかどうかで決まる
個人再生の手続きの際、自動車を手放す必要があるのか気になるところですが、自動車ローンを利用して購入したかによって結論が変わってきます。具体的には利用者へ名義変更されているかどうかです。
個人再生をした場合滞納している税金は払わなくちゃいけない?
個人再生の手続きをする場合、前提として滞納税金について解決しておかなければなりません。
個人再生をすると財産処分されてしまうの?残せる財産はある?
個人再生をすると財産処分されてしまうの?残せる財産はある?
個人再生の申立をすると、会社を解雇されることがありますか?
個人再生の申立をすると、会社を解雇されることがありますか?
債権者から給料を差押えられています。個人再生をすると差押えはなくなりますか。
債権者から給料を差押えられた!また個人再生中に給料を差し押さえられた時の対処法について
年金受給者で個人再生することは可能?
年金受給者で個人再生することは可能?
個人再生をすると生命保険や学資保険などの保険を解約しなければならない?
個人再生をすると生命保険や学資保険などの保険を解約しなければならない?
主債務者が個人再生したら、連帯保証人は全額返済しなくてもいい
そのため連帯保証人は主債務者の借金を一括返済する必要はありません。
個人再生中ですが残金の一部を一括返済可能?
個人再生の繰り上げ返済は可能ですが、注意点があります。