【任意整理とは?】利息カットできて過払い金があれば借金減額できる債務整理方法

最終更新日 2019年4月8日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

任意整理とはどんな借金整理方法?メリット・デメリットや借金額はどのくらい圧縮できる?

 

最近任意整理される方が増えてきました。

 

任意整理は弁護士や司法書士が貸金業者と直接話し合って、利息をカットして過払い金があれば借金を減らすことができる方法です。

 

利息も免除されるし、持ち家もそのまま守れて、完済のメドが立つというメリットがあります。

 

周囲にもばれないで秘密にひっそり進めることが可能です。


このページでは

 

・任意整理とはどのような借金整理方法か
・メリットデメリットはあるのか

 

詳しく掘り下げたいと思います。

 

任意整理は直接債権者と話し合って借金減額する方法

任意整理とは借金の返済が難しくなって、破産宣告を受けるまでには追い込まれていないという場合、債権者との話し合いにより債務の整理をすることです。

 

*任意整理での借金減額事例

 

「今まで借りていた借金を全部返すのは難しそう。だから借金額減らしてほしい」

 

と消費者金融やローン会社と交渉して借金を減額してもらいます。

 

これは破産手続きなどの「法的整理」とは違い、裁判所は一切通さず人と人との話し合いで解決するところからそう呼ばれています。

 

 

裁判所を一切通さずに弁護士や司法書士さんが代理人になって、貸金業者と交渉して和解する一番多い借金解決方法です。


 

借りている側も借金の利息も免除され借金を圧縮・減額できるメリットがありますし、貸している側からしても自己破産されるよりはマシなので、任意整理は債務整理の中でも実行しやすいという面がありますね。

 

また官報という国の新聞みたなものがあるのですが、それにも載らないので第3者にバレることがないのも特長です。

 

家族に一切知られずに借金額を圧縮できます。

 

もし家族に事情を話して親族が相当額を援助してくれるなどまとまった返済原資が準備できる事情がある場合には、その範囲に収まるように債権の一部カットを交渉し一括払いの任意整理を行うこともあります。

 

要するに払えるお金があれば払って、残った借金を分割で支払うということです。

任意整理はいくらからできる?

任意整理する借金額ですが、100万以上借金がないとできないということはないです。

 

支払えないと思ったら、50万円の借金からでもできます。

 

ただ任意整理すると5年ほどはクレジットカードが使えなくなりますし、新規に借り入れしようにも貸してくれなくなるので、できれば50万円がんばって返済してほしいというホンネはあります。

 

 

弁護士や司法書士によったら正直借金額が少ないと儲けが少ないので受任しない法律事務所もあります。


少ない借金額で任意整理を受任してくれるかどうかは無料相談で遠慮なく聞きましょう。

任意整理って意味あるの?任意整理するのに向いている人

任意整理に向いている人のタイプを考えてみましょう。たとえば高金利の業者と長く取引をしていた人です。

 

これは、利息の引き直し計算をすると大幅に債務が減っている可能性があります。

 

 

過払い金がたんまりあるケースですね。


 

ひどい人では、本人がまだ100万円債務が残っていると思っていたのに計算したら200万円の払いすぎになっていた、というケースもあります。

 

その人によって借り方と返し方のパターンがまったく違うため、一概には言えませんが、高金利の業者と5年以上取引がある人は元本が終わっている可能性が高いというのがひとつの目安です。

 

そこまで行かないにせよ、元本が半分になっていたなどはよくあることですので、月々の返済可能額を考えて3年~5年程度で返していけそうなら任意整理をするべきといえます。

 

ちなみに管理人の過払い金返還金は33万5900円でした。

 

 

30万ちょっとで弁護士費用も引かれての金額ですが「おお!めっちゃ返金してもらえた!」と思うものです。

家族に知られたくない人にも任意整理は向いている

その他に任意整理を選ぶ基準として考えたいのが、「家族に知られずに借金を整理したい」という希望があるかどうかです。

 

 

個人再生や自己破産といった裁判所を通じた手続きですと、どうしても家族に内緒にすることが難しくなります。


 

なぜなら、裁判所に提出する書類の中には、同居の家族に関連するものも数多くあり、特に配偶者については収入の証明書などを取ってもらわなければならないですから、必然的にばれてしまうことになります。

 

安定した収入がないので任意整理が無理という場合は個人再生や自己破産を選ばざるを得ないのですが、微妙なラインにある人は家族への影響を考えた上で選択することもあります。

 

また、一部の業者について債務整理から除外したい人も任意整理に向いています。

 

よくあるパターンが、銀行カードローンや車のローンと消費者金融、両方を借りている人が、銀行や車の分を除外して手続きすることです。

 

これは銀行口座の凍結やローン返済中の車を引き上げられるのを防ぐためにとても有効な方法です。

 

任意整理は毎月安定した収入があることが条件

任意整理は、働いているなどして毎月ある程度の収入が見込めて、返済できるな場合にできる債務整理方法です。

 

 

無職や収入がない場合は、任意整理ではなく自己破産もしくは個人債務者再生という方法をとることもできます。


 

毎月安定した収入がなく返済不可能で任意整理をしても、いずれ支払いに行き詰まり、結局取り立てが来ます。

 

任意整理の返済条件を守るため、他社から新たな借り入れをすれば自転車操業に逆戻りです。

 

弁護士に依頼していた場合には任意整理に費やした弁護士費用は死に金になってしまいます。

 

返済不能であるにもかかわらず、無理やりに任意整理を行うのは十分注意しましょう。

 

一口に3年間の分割払いといいますが、安易に考えてはいけません。

 

生活費するに最低限のお金は確保しなければならないので非常に厳しいものです。

 

3年の間には、給料が減ったり、病気やけがで動けなくなったりして、返済原資が不足することもありえます。

 

結局途中でだめになり、元の木阿弥になってしまう方も少なくありません。

 

 

返済可能かどうかは、厳しくチェックする必要があります。


任意整理をするときはなるべく弁護士に相談してから方針を決めてください。

 

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリットとデメリットをカンタンにまとめます。

任意整理のメリット
・弁護士や司法書士が変わりにすべて交渉してくれるので、負担が少ない
・自己破産・個人再生にに比べて時間がかからない(任意整理は3~6ヶ月で完結)
・取立てが確実に止まる
・官報に載らない
・資格制限もない
・家族にばれずに借金整理ができる
(家族の通帳などの資産状況の報告もなし、書類は郵便局止めで対応できるから)

 

任意整理のデメリット
・5年ほどは住宅や車のローンが組めない。またクレジットカードもつくれない
・和解が成立しないこともある

任意整理と個人再生・自己破産の違い

 

任意整理と他の債務整理方法の、個人再生と自己破産の違いを表で見てみましょう。


  任意整理 個人再生 自己破産 過払い金請求
借金が全部なくなる ×
財産を残せる ×
裁判所の介入 なし ある ある
資格制限のある職業に就ける ×
ブラックリストにのらない × × ×
破産者名簿に載らない ×
官報に名前が載らない × ×
債権者の同意がいらない ×
海外旅行にいける

任意整理は借金整理する貸金業者を一部だけに絞ることも可能

任意整理は、「債務整理する相手を選んで一部だけ借金整理することが可能」です。

 

個人再生や自己破産と大きく違う点ですね。

 

たとえば借金している貸金業者が

 

・アコム
・プロミス
・住宅ローン
・車のローン
・クレジットカードの債務

 

とあった場合、

 

「家と車、それとクレジットカードはそのまま使いたいから、アコムとプロミスだけ借金額減らしたい!」

 

という柔軟な借金整理をすることが可能なんです。融通が利くんですね。一部だけ減らす。

 

 

なぜこのようなことができるのかというと任意整理は裁判所を通さず、債権者と直接借金の減額を交渉する債務整理だからです。


 

また保証人に迷惑をかけないために、保証人がついている借金も対象外にして、迷惑をかけないですますこともできる借金整理方法です。

 

弁護士や司法書士があなたのかわりに「よっしゃ!裁判所を通さず利息をカットして借金半分くらいにしてやる!」と交渉してくれます。

 

自分でも任意整理はできるのですが非常に時間がかかります。

 

過払い金計算やそれに伴う書類を集めなくてはならないうえ、相当交渉に自信がないと相手も本気で対抗してくるので、なかなか債務整理できないケースが多いです。

 

弁護士と司法書士に相談されたほうが無難でしょう。

任意整理は利息と遅延損害金もカットする

任意整理は債権者と交渉し毎月の返済をストップさせた上利息をカットし、元金のみを3年程度で返済できる額まで減額交渉し分割払いにすることで、完済を目指す手段です。

 

また利息カットするだけでなく「支払いが遅れたときに発生する遅延(延滞)損害金」もすべて免除した上で、借金の元本を減額する債務整理方法です。

 

さらに過払い金が発生していれば、大幅に借金額が減らせます。借り入れ機関が長ければ長いほど過払い金が発生している可能性大ですね。

 

過払い金を計算し、過払い金の金額を借金額から引いて、残った借金を3年(36ヶ月)で分割して返済していきます。

結局、任意整理はどのくらい借金を圧縮できるか

300万円あった借金が50万ほどになったというケースもあります。

 

この方はサラ金5社から借りていて毎月11万円返済していましたが、任意整理したら毎月3万円の返済まで圧縮でき17ヶ月で完済しました。

 

任意整理する人が増えているのもうなずけますね。

 

これだけ借金額が減るのですから任意整理する意味は十分にあります。

 

冒頭の事例をもう一度見てみましょう。

 

*任意整理での借金減額事例

 

どのくらい借金額が減額できるかの相談は、今は無料でやってくれる法律事務所が多いので相談してみてソンはないと思います。

 

以上、「【任意整理とは?】利息カットできて過払い金があれば借金減額できる債務整理方法」についてでした。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに任意整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

 

任意整理とはどんな借金整理方法?メリット・デメリットや借金額はどのくらい圧縮できる?関連ページ

任意整理の弁護士・司法書士費用の相場は1社あたり3~5万円。払えないときは分割や後払いもできる
任意整理の費用の相場は、相談料は無料~30分5000円、着手金1社3~5万円、成功報酬2万円前後です。
【任意整理の流れ・方法】受任してから毎月の返済額が決定するまでの期間|返済計画の立て方と交渉について
任意整理を弁護士に依頼してからのスケジュール流れを見ていきましょう。各弁護士によって若干のやり方の違いはあるものの、おおよその進め方は決まったものがあります。
任意整理するけど家族(夫や妻)や職場、友人にばれないようにしたい!
家族や夫・妻に内緒にしたい!安心してください。任意整理は家族や職場にほぼ100%ばれない債務整理です。ただばれてしまうケースが2点ほどあります。
任意整理できないケースや和解できないってあるの?その場合どうすればいいの?
任意整理できないケースや和解できないってあるの?その場合どうすればいいの?
自分ひとりでも任意整理の手続きはできるの?
自分一人でも、任整理は可能です。ただ、残念ながら直接貸金業者と債務者が交渉するのは色々な面で債務者側が不利な立場になることが多く、おすすめできません。
任意整理は事務所まで足を運ばなくてもいい?面談なしでも任意整理できる?
やむをえない事情を抱えている人を主な対象として、無料で出張してくれる弁護士も増えています。<
弁護士に任意整理の依頼をしてキャンセルしたら着手金は返ってこない
ただし、それに近い性質のものが>「着手金は中途解約しても返還されない」ということです。
【任意整理を弁護士か司法書士に依頼したい!】どっちがいいの?
「任意整理したくて弁護士と司法書士に依頼したいけど、どない違うねん」という方のために、弁護士と司法書士に任意整理を依頼する違いを解説したいと思います!
任意整理をした場合、賃貸マンションやアパートは借りれるの?
任意整理をした場合、賃貸マンションやアパートは借りれるの?
任意整理をすると加入中の保険はどうなる?
任意整理をすると加入中の生命保険や学資保険などの保険はどうなるのか解説します。
【弁護士に聞いた】ギャンブルや浪費が原因での借金は任意整理できる!
任意整理ができないのでは?と思っている人もいるのですが、問題なくすることができます。
任意整理をすると携帯電話やスマホの契約は解約しなければならない?新規で契約できる?
最初から携帯やスマホを契約している会社を任意整理対象外にすれば維持することができるのです。
任意整理するとクレジットカードは使えなくなる?新規で作成したいけどいつから作れる?
任意整理をした場合、信用情報に掲載される5年間程度は新規のクレジットカードを作ることができません。
クレジットカードのキャッシングやショッピング枠は債務整理できる?
任意整理対象外にしたクレジットカードは、任意整理をしたことがこのクレジットカード会社にバレる?更新できる?
任意整理すると銀行口座凍結されたり、キャッシュカードは使えなくなるの? 新規に作れる?
任意整理をした場合、一定の条件を満たすと自分の銀行口座が凍結されたり、キャッシュカードが使えなくなることがあります。
任意整理中でもETCカードも作れるの?!
任意整理すると妻のクレジットカードや家族カードの新規の審査や更新はどうなるの?
任意整理するとイコカ(ICOCA)・ピタパ(Pitapa)カードについては何か影響がある?
任意整理をしても現金をその都度チャージして使う普通のイコカは、要するに前払いしているわけですから何の問題もなく使えます。
アルバイトやパートでも任意整理できる!
任意整理するためにはアルバイトやパートでは無理で、正社員でなければできないのでしょうか?決してそのようなことはありません。
任意整理は無職で無収入だと難しい理由
残念ながら厳しいと言わざるを得ません。任意整理はそもそも自己破産とは異なり、返済していくことを前提とした手続きですので、安定した収入は最優先の条件になってくるからです。
任意整理をすると持ち家・車などの財産処分されてしまうの?
任意整理は自己破産や個人再生のように手持ちの財産を見られることや財産処分されることがありません。
任意整理をしたら住宅ローンや車ローンを組むことはできるの?
ここでは任意整理することによる住宅ローンや車のオートローンへの影響を解説します。
奨学金は任意整理することは可能だができるだけしない方がいい理由
奨学金は特殊な債権、というイメージがある人もおられますが、、ほぼ通常の債権と同じに考えてよく、必要であれば任意整理の対象にすることも可能です。ですが、あまりおすすめめしません。その理由をお話しします。
年金受給者でも任意整理できるの?
このような場合でも任意整理手続きを取ること自体は可能です。
任意整理は連帯保証人に迷惑をかけないで借金整理できる
任意整理の場合、裁判所が関与しない私的な手続きになるのでどの債権者を対象にするかを選択することも自由です。
任意整理した経験がある(女性)のですが、結婚したら相手(夫になる人)がローンを組めないなど影響あるの?
任意整理した経験がある(女性)のですが、結婚したら相手(夫になる人)がローンを組めないなど影響あるの?
旧姓名義のときの借金は夫に内緒で任意整理はできる?
結論から言えばまったく問題なく任意整理することができます。
離婚した元夫が任意整理した場合、子供の養育費や慰謝料も減らされるの?
離婚した元夫が任意整理した場合、子供の養育費や慰謝料も減らされるの?
任意整理後に弁護士費用の支払いが滞ってしまった!2回目の任意整理できる?
一度和解が成立した後の滞納については、債権者側の対応も厳しくなります。絶対にタブーなのが、「連絡せず滞納したままで放置」です。
任意整理後和解してからの返済方法ってどうやるの?一括弁済と分割弁済について
負担を減らし、かつミスを防ぐ方法として、法律家による「代行弁済」というサービスがあります。
支払いの遅延がなければ、楽天カードの審査に通る可能性は高くなる
任意整理したあと、きちんとカーローンや住宅ローン、携帯の支払いなど遅延がなければ、楽天カードの審査に通る可能性は高くなります。