住宅ローンもあって家だけは失いたくない!でも債務整理もしたい。

最終更新日 2019年6月13日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

債務整理したいけど住宅ローンもあって家だけは失いたくない!

住宅を残したまま大幅に借金額を減らせるのが個人再生

住宅ローンもあって家だけは失いたくない!でも債務整理もしたい。というかたの借金整理方法として、個人民事再生というものがあります。

 

住宅ローンだけでなく、ほかにも債務がある場合に、自己破産をしてしまうと、自宅を失うことになります。

 

ですが、個人民事再生を利用すると、住宅ローンの支払い期限などを延長しさらにそれ以外の債務は、大幅にカットすることができます。

 

個人民事再生とは個人の債務者が債権者との話し合いに基づいて、債務者が完全に破綻してしまう前に、何とか再生が図れるようにすることを目指した制度です。

 

銀行、信用金庫、信用組合、農協など、いわゆる堅い金融機関は、個人に対する融資はほとんど行いません。

 

しかし例外が住宅ローンです。金利は数%と安く、借りる側としては「借金」という感覚を失いがちです。

 

金利は安くとも、元本は数千万円と巨額です。これも立派な借金です。

 

不景気やリストラで予定通りに収入が入らず、住宅ローンが払えなくなると、マイホームを手放したくない一心で不足分をサラ金の借り入れまでまかなってしまいがちです。

 

そうなれば、あっという間に多重債務者へと転がり落ちることになります。

 

住宅ローンが払えず、多重債務に陥るというパターンも、非常に多く見られますので注意が必要です。

 

住宅ローンが払えず、でも住宅だけは残したくないという方は,住宅を維持しつつ債務の整理を行うことが可能な手続き個人債務者再生です。

 

住宅ローンの任意整理は難しい

 

不動産を所有している方と言えば、住宅ローンをかかえている場合がほとんどです。

 

この場合住宅ローンの金利減免を含めた任意整理は、実際上困難です。(債権者から自宅の競売を申し立てられてしまう)。

 

また、住宅ローンだけをきちんと払って、サラ金などは金利減免を求めるという手法では、サラ金が話し合いを拒否して自宅の差し押さえに出る可能性があり、やはり解決困難です。

 

しかし、他の借金を圧縮でき住宅ローンの支払い自体にはあまり問題がないという場合は、個人債務者再生の住宅資金貸し付け債権に関する特則を利用して、整理することが考えられます。
この場合自宅を手放さないで済みます。

 

自己破産も視野にいれる

 

個人再生手続きを利用するにも安定した収入がなく、住宅ローンだけの支払いも困難という状況であれば個人債務者再生では解決できません。

 

となると個人債務者再生では解決できにので、住宅に見切りをつけ、自己破産を申し立てるということも検討しましょう。

 

自己破産する場合には、自宅の現在の価値が残りのローンより大幅に少ない場合は同時廃止という方法で進めます。

 

逆に、自宅の現在の価値が残りのローンに近いか、残りのローンを越える場合には、管財事件という方法となります。

 

いずれにしても、自宅は競売か管財人による売却によって処分されることになります。

 

なお自宅が人手で渡るとはいえ、破産手続きを始めたら直ちに退去しなければいけないと言うものではありません。

 

管財人が売却する場合には、管財人と協議して、いよいよ売却実行という段階までに退去すればよいのです。

 

また競売にかけられた場合は、競り落とした人が出た段階で退去することになります。

 

ローンの支払いを停止しても、即座に追い出されないことから、破産宣告後の収入をためて引っ越し代に充てる事も可能です。

 

いずれにせよ住宅ローンをかかえた債務整理は一般よりも解決が難しくなりますので、なるべく早期に専門の弁護士に相談してください。

個人再生は個人事業者(自営業)とサラリーマンかによって名称が違う

自宅を残せる個人民事再生には、小規模個人再生、給与所得者等再生の二つがあって、

 

小規模個人再生は個人事業者
給与所得者等再生は会社員
の借金額を返済する方法です。

 

基本的に同じ借金整理方法です。

 

さらに住宅ローンに関する特則というものあり住宅ローンの返済額を少なくできる制度です。

 

住宅ローンを滞納して、期日までの住宅ローン全額払え!と「期限の利益を喪失」しても弁護士に相談すれば住宅を残したまま借金を減らすことができます。

 

今の借金額の5分の1くらいまで減らせることもあるので任意整理よりも借金を多く減らせるという特徴があります。

 

負債が500万円以内の方は、合計100万円を返済することになります。家だけは家族の為に残したい方は検討してみてください。

 

任意売却という方法もある

言葉としてはあまり知られていないのですが、任意売却という方法があります。

 

これは住宅を売ってしまってローンの返済に充てるという方法です。

 

ローンが残っている場合や担保としてとられている場合は、自由に売却できないのですが、任意売却という方法は家を売却することができます。

 

抵当権がついたままだと買ってくれる人もいませんが交渉してなんとか売却につなげます。

 

中には住宅ローンが払えなくなって、滞納していたら、競売通知決定書がきてしまった!という方もおられることでしょう。

 

このケースでもきちんと売却できます。

 

競売でも任意整理でも家を売って借金を返済するという目的は全く変わりませんが、任意売却は競売よりも高く売ることができます。

 

任意売却は不動産業者の仕事になりますが、弁護士に相談されても安心できるところなら大抵つながりは持っておられます。

 

弁護士に相談しても検討できるということです。

 

任意売却は家を売っても借金が残るケースが多いですので残った債務は返済できるのであればそのまま返済しても良いですし、

 

個人民事再生という方法を同時に利用することでさらに債務の返済を楽にすることができます。

 

任意売却でどれだけ借金が減るのかの事例

例えば、任意売却後の住宅ローンの借金が500万円残った。

 

他にも消費者金融などからの借金が200万円であり、合計700万円の債務があった場合、

 

個人民事再生(小規模個人再生)を利用して借金が700万円の5分の1である140万円に圧縮することができた!

 

140万円は3年間で弁済でOK!

 

持ち家はなくなったけど借金はかなり減らせます。

 

注意点として住宅ローンの以外の借金額が合計5000万円以下でなければ個人再生は利用できません。

 

どういった借金借金整理をするかは家族でよく話し合い、個人再生に強い弁護士に相談しましょう。

 

もし、弁護士を探されている方は以下の記事も参考になると思います。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

 

 

 

 

 

債務整理したいけど住宅ローンもあって家だけは失いたくない!関連ページ

【債務整理のメリット・デメリット】借金の整理・減額方法には4つある
債務整理とは借金を整理・減額する方法で大きく4つあります。任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求とあり、これらの4つの中から債務整理方法を選ぶことになります。
債務整理するデメリットは?クレジットカード、住宅ローン・車はどうなるの?
債務整理に成功すれば返済が楽になったり借金そのものがなくなったりするメリットがあるものの、デメリットも出てきます。ここでは、債務整理することによるデメリット・制限について詳しく解説していきます。
クレジットカードが使えないときカード決済したいときは「au WALLETプリペイドカード」や「ソフトバンクカード」
債務整理してクレジットカードが使えなくなったとき、便利なカードがあります。
【借金内緒にしてます】身内に借金していることがバレる理由
借金していることがは家族にバレる可能性は低いが、このケースではばれてしまいます。
借金返済できなくて時効目的で夜逃げをするのは絶対に損です
うちの家庭も一度夜逃げをしたのですが、いいことは一つもありませんでした。
借金返済できなくて自殺は最悪の選択肢|命より大切な物はありません。
日本人はすごくまじめな方が多く借金が原因で自殺される方が後を立ちません。自殺する人は他国と比べると世界でも上位です。命より大切な物はありません。
債務者が債務整理して連帯保証人の私に請求が来た時の対処法
保証人を立ててしまった人の場合、保証人に迷惑をかけたくないという理由で、債務整理を先延ばしにしがちですが、これは全く意味がありません。
自己破産だけは避けたいと考えている人へ
自己破産という言葉には悪いイメージがあるかもしれませんが、人によっては,自己破産したほうが幸せになるケースもあります
自営業者、個人会社経営者が債務整理をする場合の方針について
不況や消費税の増税による倒産、隠れ倒産が非常に増えています。
任意整理・個人再生・自己破産の債務整理をしてブラックリストに載る期間は?調べることもできる。
信用情報の請求方法を説明します。 ブラックリストとは「債務整理しました」という情報や「税金や社会保険など延滞してます」という事故情報が信用機関に載ることです。。
ブラックリスト(信用情報)に載ってしまった人がクレジットカードの審査に通りやすくなる方法
債務整理で直接相手方とした債権者やその系列の会社は避ける、クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠をゼロにして申し込むということです。
【アロー】債務整理後のキャッシングも5万円くらいなら審査次第ではOK
債務整理をしても、どうしてもお金が必要になるときはあります。この場合大手の貸金業者ではなく中小の貸金業者なら借りれる可能性はあります。