借金相談のほとんどがギャンブルじゃないの?弁護士や司法書士に相談するコツ

最終更新日 2019年4月8日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

借金相談のほとんどがギャンブルじゃないの?弁護士や司法書士に相談するコツ

 

借金整理のほとんどがギャンブルやローンで生活が苦しくなったケースだと思っています。

 

弁護士や司法書士に借金整理を相談して、カンペキな債務整理を実現するために、肝に銘じておきたい重要なことをサッと簡潔にまとめました。


 

 

どのくらい弁護士費用がかかるのか聞いておこう

まずは、どのくらい弁護士費用がかかるのか、ズバリ聞いておきましょう。

 

ここを曖昧にしていると,後々トラブルの元になることもありますので、「およそでいいので費用はどのくらいかかるんでしょうか」と遠慮なく聞いておきましょう。

 

ただでさえお金がないのに、「えっ」て二度見するような高額な費用を請求されたり、ぼったくられたらたまったもんじゃないですよね^:

 


*100万円でいいわよー

 

弁護士や司法書士側もお金がないことを重々に承知しているので、いまでは後払いでもいいよ!と気前のいい法律事務所が多くなっています。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する場合の費用と相場

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する場合には、着手金と報酬の2種類を支払うことになります。

 

着手金は、債務整理を依頼する際の初期費用ともいえるものであり、依頼するにあたって支払う必要がある費用です。

 

着手金については、一般的に弁護士や司法書士への依頼を決定した段階で一括払いすることが一般的。

 

報酬は、債務整理に関するすべての手続きが完了した時点で支払う成功報酬のことです。

 

2種類の費用は、弁護士や司法書士ごとに金額に差が生じます。

 

それぞれで料金が異なる理由は、各弁護士事務所、司法書士事務所がそれぞれ自由に決めているからです。

 

ただし、債務整理のなかでも任意整理については、日本弁護士連合会と日本司法書士連合会にて上限が定められています。

 

債務整理は、任意整理、自己破産、過払い金返還請求、個人再生、に分けられます。

 

それぞれの費用目安を見ていきましょう。

 

任意整理を依頼した場合の報酬は任意整理をする債権者数によって異なり、着手金として1社につき2万円〜4万円が相場だといわれています。

 

加えて任意整理によって減額できた金額の10〜20%を、減額報酬として別途支払うことが一般的です。

 

自己破産の報酬額15万円~40万円、過払い金返還請求では返還に成功した金額の約20%を成功報酬として支払います。

 

個人再生の場合、報酬額は30万円~50万円です。

 

また、債務整理の着手金に関しては、0~30万円と比較的幅が大きいことが特徴です。

 

いずれの債務整理も、裁判の手続き費用、切手代などが別途加算される点を認識しておきましょう

 

弁護士の債務整理費用についてはこちらのページに詳しく書きました。

借金の内容を隠さずにすべて話そう

中には借金をしていることの後ろめたさから、すべての借金の内訳を話さない方がおられます。

 

すごく気持ちはわかるのですが、ここで話しておかないとその借金額が膨らんだりして、また借金整理をしなければならないということになりかねません。

 

弁護士側も「おいおい。最初に言ってくれよ。その借金も減額できたよ?」なんてケースもありますからね。

 

友達に借りたお金や銀行に借りたお金なども包み隠さずすべて話しましょう。

見栄を張らない

自己破産の場合はよいのですが、任意整理や個人再生の場合、減額された借金を毎月払っていくことになります。

 

弁護士や司法書士と毎月いくらくらいなら返済できるか、想像で決めます。

 

収入から支出を引いて毎月どれぐらい払えるかということを話し合った時に、本当は苦しいのに

 

「そうやなあ、毎月10万円くらいは返済に回せるかなぁ。やればできる子だし。うんうん」

 

などと見栄をはってしまうと、また,資金繰りに苦しみ債務整理をしてしまうということもありえます。

 

なので毎月余裕を持って支払える額を決めてもらいましょう。

 

毎月10円とかはダメですよ。

借金をした理由についてもすべて話そう

借金整理をするときなんで借金したかを話すのですが、借金した理由が

 

「競馬でマカヒキの単勝に100万円いったんや!」
「全身脱毛エステでローン組んじゃったの」

 

など浪費やギャンブルのケースってよくあると思うんです。

 

というかほとんどギャンブルが原因じゃないの?って思ってます。

 

管理人も債務整理した原因はパチンコの海物語に突っ込みまくったという過去があります。

 

ギャンブルや浪費が原因で自己破産をするとなった場合、借金の原因が浪費やギャンブルだと免責不許可つまり「アカンアカン」と認められない場合があります。

 

でも聞いてください。

 

中にはパチスロや競馬、風俗・キャバクラ、裏カジノでに費やした借金でも借金を減額もしくは破産させるテクニックを持った弁護士や司法書士はいるんですねー。

 

確実にいます。

 

電話で直接聞きましたから。

 

これは、管理人が直接相談した時に「やり方がある」と司法書士さんが言ってたので間違いありません。

 

できる弁護士さんとできない弁護士さんがいるようです。一度、できるかどうか遠慮なく聞いてみると良いでしょう。

 

詳しくは「ギャンブルが原因で自己破産できるのは法律家次第」を読んでください!

 

ギャンブルや買い物などの浪費など理由の借金も免責になる場合がありますので、きちんと借金をした理由も話しておきましょう。

他にも借金していることを隠したらどうなるか

弁護士に自分の借金の状況を相談する時、隠し事をする人も時々います。

 

一番まずいのが債権者を全部言わないことです。

 

 

上記のこととかぶる部分もありますが、弁護士さんに相談するときはすべてのことを話しましょう。弁護士さんはあなたの見方です。


決して悪いようにはしません。

 

信頼関係を築くためにも、遠慮なく聞きたいことは聞いて、言わなければならないことはすべて話しましょう。

 

すべての債権者を最初に伝えていないと、例えばこんなことになってしまいます。

 

A社、B社、C社だけの借金であれば任意整理で解決できると弁護士が判断し、分割払いの交渉を始めて最終的に和解まで持ち込んだ。

 

そして、支払いを始めたのは良いが途中で滞り、その時点で債務者が初めて弁護士にD社の存在を明かした。

 

D社の借金を考えると総合的な状態からみて、自己破産するしかない。

 

こういった場合、いったんABCとは和解が成立しているにもかかわらず新たに破産手続への協力を求めなければならないわけですから、弁護士と貸金業者との間の信頼関係が壊れてしまいます。

 

こうなるとその債権者たちが自分の破産手続に非協力的な姿勢になるだけでなく、同じ弁護士に依頼した他の債務者に関する交渉にまで悪影響が及ぶこともあります。

 

 

また、任意整理の費用の他に新たに自己破産の費用もかかりますから、無駄な費用を費やしてしまうことになるのです。


 

そして、手持ちの財産についても同じです。

 

故意に隠しているものがあると免責不許可事由にあたり、最終的に借金をチャラにできなくなる可能性があります。

 

裁判官は破産の書類を数多く見ていますので、債務者が何かを隠そうとしても結構見抜いてしまうことも多く、後からばれると印象が非常に悪くなります。

 

とにかくすべてを正直に、という原則を心がけましょう。

 

借金整理必ずうまくいくことを心から願っております。

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに任意整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

借金相談のほとんどがギャンブルじゃないの?弁護士や司法書士に相談するコツ関連ページ

借金相談で広告や検索してでてくる口コミや評判のいい弁護士はそれなりに信頼できる
借金相談するときテレビや電車の中吊り広告で弁護士や司法書士の広告はよくみかけますね。このページでは広告を出している法律家は本当に信頼できるのか解説したいと思います!
債務整理の弁護士費用・料金ってどのくらいかかるの?払えないときは分割にしよう
弁護士費用というのは一応これくらいが妥当だと決められています。この基準は多くの弁護士さん・司法書士さんが採用しています。どのくらい費用が目安かここでは説明していきたいと思います。
【弁護士を立てる大きな7つ大きなメリット】
借金相談して債務整理をするとき弁護士を立てるメリットを懇切丁寧に解説します!
債務整理の相談をする際、必要な資料や事前に把握しておきたいこと
弁護士に債務整理をするときに把握しておきたい情報を確認しておきましょう。覚えていないものは仕方ないですが、できる限り現状がわかる資料を準備しましょう
借金の消滅時効の援用ならアヴァンス法務事務所
消滅時効の交渉はアヴァンス法務事務所は経験と実績があり、得意としております
【法テラスで債務整理】費用が安く弁護士を紹介しくれるメリットもあるがデメリットもあります
法テラスは債務整理の費用を安くできる民事扶助制度があります。ただ審査に通らなくてはいけません。審査基準を解説します。
借金相談する法律事務所はどうやって探すの?相談費用って無料なの?
ここでは借金相談窓口、法テラス・弁護士・ネット検索・国民生活センター・区役所・市役所について解説します!
多重債務者を食い物にする悪徳弁護士の手口の例(紹介屋、コーチ屋)
整理屋や、提携弁護士以外にも、多重債務者の窮状につけ込むやり口があります。
【俺に任せろ!】東京都内で債務整理の相談するならこの弁護士・司法書士事務所
【俺に任せろ!】大阪府内で債務整理の相談するならこの弁護士・司法書士事務所
大阪で債務整理の実績がある弁護士・司法書士事務所を記載しています。