【任意整理・個人再生・自己破産に強い弁護士】借金相談や債務整理で評判のいい法律事務所

最終更新日 2018年12月10日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

【借金相談や債務整理で評判のいい法律事務所】任意整理・個人再生・自己破産に強い弁護士・司法書士

借金の返済ができなくなって債務整理をするとき、弁護士や司法書士を選ぶときのポイントとして

 

「確実に借金を減らす交渉術とノウハウがあるか」
「厄介な債務整理でも解決できる長年の経験があるか」

 

が最も大切です。

 

必ず一度は弁護士・司法書士自らが相談者とじかに話し合ってくれる専門家を選びましょう。

 

どんなに忙しくても代表の法律家が直接相談内容を聞いてくれて、解決案を提案してくれるかどうかで親身になってくれるかが判断できます。

 

中には依頼だけ受けて放置するという事務所もありますが、下記の法律家は違法な取立ての対応実績もあり、料金体系も明確で信頼できる事務所です。

 

債務整理に強い実績のある弁護士・司法書士はどうしても東京や大阪に集中する傾向がありますが、全国どこでも対応してくれます。

 

債務整理に強い実績のある弁護士・司法書士

CMでおなじみのアヴァンス法務事務所。
費用の安さで選ぶならココ。
債権者数が1、2件で法定金利内の借入でも対応可能。
実績も知名度もありますので債権者と好条件の交渉をしてくれます。
代表 姜正幸 司法書士
経験年数 約9年
得意分野:過払い金請求 任意整理 自己破産
事務所:大阪市中央区・東京都渋谷区

 

 

金井 一美先生は
わたしと同じ関西大学出身で、めちゃくちゃ親しみのある司法書士です。
代表 金井一美司法書士
弁護士経験年数 約9年
得意分野:任意整理 個人再生 自己破産
事務所:大阪市東淀川区

 

 

東大法学部卒業の債務整理の超エキスパート。
経験豊富のベテラン弁護士。
借金以外の厄介な問題も大得意
代表 岡田 優仕 弁護士
弁護士経験年数 約39~48年
得意分野:過払い金請求 任意整理 個人再生 自己破産
事務所:東京都台東区

 

 

特に2社以上の借金整理を得意としており、家族にばれない借金整理ができます。
メディアや雑誌にもよく取り上げられています。
遠方の方も親切に対応。闇金も対応。
代表 大野 弘明 弁護士
弁護士経験年数 約13年
得意分野:任意整理 個人再生 自己破産
事務所:東京都千代田区

 

 

地方や地元で弁護士・司法書士を探すなら【借金相談カフェ】

冒頭でもお伝えしましたが、任意整理や個人再生・自己破産といった債務整理の相談件数は東京や大阪に多く集中します。

 

債務整理くのノウハウや経験が必然的にたまるので、どんな案件も難なくこなせる実力が自然と身につきます。

 

しかし、中には地方や自分の地元で借金相談してくれる法律家を探されている方もおられるでしょう。

 

地元の弁護士を含めて弁護士を探したいなら「借金相談カフェ」。

 

街角法律事務所は、債務整理に特化した専門家がどれだけ借金が減るのか無料で答えてくれる画期的なサイトです。

 

無料はもちろん匿名で利用することができます。

 

 

借金相談カフェの詳細へ

 

いまの借金状況をメールで送ると自分に合った弁護士や司法書士をピックアップしてくれ、懇切丁寧に法律家自ら回答してくれるとても素晴らしいサイトです。

 

当時300万の借金があったわけですが、どの借金整理方法がベストか顔も一度も合わせたことのない赤の他人の僕にここまで丁寧に答えてくれました。

 

結局この弁護士に債務整理の依頼しました。

 

余談ですがあとから知ったのですが僕が債務整理した事務所には大阪市長の吉村洋文氏が在籍していました。

 


過払い金もあったので数十万返還してもらい、おかげで満足のいく債務整理ができました。
*この書類は過払い金請求の書類なので債権者が弁護士側になっております。

 

勧誘など一切ありませんので、気軽に気が向いたときに使ってみてください。

 

借金相談カフェの詳細へ

債務整理の相談実績はアヴァンス法務事務所の評判がいい

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに任意整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

個人再生や自己破産の受任件数もトップクラスで、またどの事務所もいやがる「債権者1社からの借金整理」も快く引き受けてくれます。

 

債権者1社だとあまり利益にならないので断る事務所がほとんどですが、アヴァンスは債務者の立場を考えてくれ受任してくれます。

 

 

何度でも相談無料なので、話すだけでも大丈夫です


 

アヴァンス法務事務所なら、同じ条件でも減額報酬を取っていないため約10万円以上も安い報酬となります。

 

さらに減額が多くなればなるほど、報酬差が開きます。

 

大阪市中央区の本社があり、東京にも事務所があります。

 

全国対応に対応しています

 

事務所概要・アクセス
大阪本店


所在地
大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
最寄駅
京阪本線 「北浜」駅
地下鉄堺筋線 「北浜」駅
最寄駅からのアクセス
地下鉄堺筋線、京阪本線「北浜」駅下車2番出口すぐ
(大阪証券取引所の向かい、1Fにりそな銀行が入っています。)
営業時間
平日9:30~21:00/土日祝9:30~19:00
上記営業時間以外は、一時受付のみで、相談業務は翌営業日に行います。

 

新宿支店


所在地
東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー 5階
最寄駅
新宿駅 徒歩5分
代々木駅 徒歩5分
南新宿駅 徒歩8分
営業時間
9:30~21:00
(土・日・祝日に面談を希望される場合は事前にお問い合わせください)

 

 

弁護士・司法書士に相談するべきタイミング

借金の返済のため、新たに借り入れをしている場合や、返済が少しでも遅れるようになっている場合は、できるだけ早く弁護士に相談したほうがよい結果につながります。

 

 

なぜなら相談するのが早ければ早いほど、債務整理は容易となり、破産に追い込まれないで、任意整理で立ち直れる可能性が高くなります。


 

素人判断でぎりぎりまで自転車操業を繰り返すと、破産しかなくなりますし、詐欺的な借り入れを繰り返してしまうと、破産しても免責が得られなくなります。

 

無理な自転車操業の前に、弁護士に相談するのは賢明な判断です。

 

また、支払い督促や給料差し押さえなどの法的手続きをとられている場合は、経済的破綻が明らかなので、直ちに相談する必要があります。

 

自営業者の場合、融通手形、高利の商工ローン、ヤミ金融などに手を出したり、手を出そうかなと誘惑を感じる状況になっていれば、明らかに倒産必至です。

 

 

放置しておけば夜逃げするしかなくなります。


 

なので自分ですべて何とかしようとせずに、専門家に任せましょう

任意整理・個人再生・自己破産の弁護士・司法書士に依頼する費用と相場

ここでは債務整理を弁護士・司法書士に依頼するときの費用について見ていきましょう。

任意整理の費用相場

任意整理の費用は大きく3つに分かれています。

 

相談料

30分5000円が相場といわれておりましたが、昨今は無料で借金相談を請け負う弁護士・司法書士さんが増えています。
一度だけでなく何回でもお話は聞きますよというスタンスで、結構良心的です。

 

着手金

相談を受けて正式にその法律事務所が、借金整理のお手伝いをするということが決まると、着手金という費用が発生します。
この着手金は借金している業者の数で決まります。

 

相場は1社3~5万円。

 

債権者が多くなると1~2万円と低い料金設定になることが多いです。

 

成功報酬(減額報酬)

借金の減額に成功つまり任意整理がうまくいくと、1社当たりいくらという金額が発生します。これが成功報酬(減額報酬)です。
相場は2万円以下と定められていて、中には報酬金ゼロの事務所もちらほらあります。

 

個人再生の費用相場

個人再生の費用の計算方法は他の債務整理方法と比べて少し複雑で、住宅ローン特則といって自宅を残すか残さないかでも費用が違ってきます。

 

相場は40万~60万円です。

 

 

自己破産の費用相場

弁護士に依頼すると約35万~60万円くらいで、司法書士で約20万~30万ほどです。

 

このほかに予納金といって裁判所に支払う費用も1万円程度発生します。

 

 

費用が払えない時の対処法

弁護士費用が払えないなと思った場合は、さすがに踏み倒すわけにはいきませんから、後払いにしてくれる事務所に依頼するのがベストです。

 

法テラスという司法支援センターというところではは費用の立替制度があります。立替といっても支払うべき料金がゼロになるわけでなく、毎月分割して支払っていきます。

 

費用が払えないときの対処方法は
債務整理の弁護士料金・費用って一体どのくらいかかるの?成功報酬は?」の記事にもまとめておりますのでお時間ある方はのぞいてみてください!

 

【借金50~100万円でも任意整理してくれる弁護士・司法書士】借り入れ1社だと債務整理に応じない事務所がある

借金50~100万円で債務整理するかどうか悩むところ。

 

ですが、いざ借金整理しようと思っても

 

借入先が1社、借金50~100万円などの場合、相手にしてくれない弁護士・司法書士が結構います。

 

弁護士側が儲からないからですね。

 

それでも快く引き受けてくれる法律家はいるので安心してください。

 

債権者の数が少なく、しかも銀行系なので金利が法律の範囲内に納まっている。

 

このようなケースでの任意整理は嫌がる弁護士や司法書士が多いんですね。

 

要するにこのケースって過払い金が発生しないので、弁護士が儲からない案件なんです。

 

残念ながら、応じてくれる弁護士はあまりいないと考えてよいのですが、たまに受けてもらえるところもありますので問い合わせてみる価値はあるといえます。

 

ちょっとここで、任意整理をするメリットは何か考えてみましょう。

 

債権者数が1社や100万円前後の借金を任意整理をするメリット

現在では法律改正されているものの、以前の法律では

 

「安い上限金利を定めた利息制限法」

「高い上限金利を定めた出資法」

 

という2つの法律がありました。

 

利息制限法は超えているが、出資法は超えていないという場合は「グレーゾーン金利」と言われ、債務者が納得して任意に支払っていれば有効とされていました。

 

そこで、消費者金融などは法律のあいまいさを利用して、大手であっても出資法の上限ぎりぎりの利息を取っていました。

 

これがのちのち最高裁判所で「これらの利息は返還の請求ができる」と判断されたことから、以前の分にまでさかのぼって安い利息で計算してよい、ということになり、高い利息を取られていた会社は任意整理で適正利息に引き直すと大幅に債務を減らせることになるのです。

 

これが過払い金請求というものです。

 

グレーゾーンといわれる金利20~29.2%で借りていた人はたとえ1社からの借り入れでも過払い金が数十万数百万円取り戻せた事例もあります。

 

ただ、銀行系で最初から利息が年利15%などの場合、法定金利内に収まっているため過払い金が発生してなくて元本が減額することがないのです。

 

 

だから1社からのみの借り入れや100万円前後の借金は任意整理をやりたがらない弁護士・司法書士が多いのです。


 

債権者数が1社や100万円前後の借金を任意整理するデメリット

1社や2社の借り入れや少額の借金の場合、ブラック(金融事故を起こした人)になってしまうことでカードが作れなくなるなどのデメリットの方が大きいと感じる人もいます。

 

法律事務所でもこのような案件の受任には慎重になっており、受けてもらえない事務所が多くなってしまうのです。

 

ただ、任意整理のもうひとつのメリットとして「将来利息をカットできる」ことがあります。

 

年利15%でも、100万円に対して1年間で15万円の利息ですから、決して馬鹿にならないという考え方もあります。

 

弁護士は儲からない

先ほども申したように、1~2社からの借り入れや少額の借金になればなるほど法律家は利益が少ないのが現実です。

 

しかし、それでも快く任意整理や他の債務整理を検討し、借金を減額してくれる弁護士・司法書士は2つだけ知っています。

 

アヴァンス法務事務所エストリーガルオフィスです。

 

この2つの事務所はホント料金も良心的で、後払いにも対応してくれますよ。

 

知名度ならアヴァンス法務事務所が有名ですね。女性専用窓口も用意しています。

 

エストリーガルオフィスは闇金の相談も無料でやってくれます^^

債務整理をする際、弁護士と司法書士に依頼する違い

弁護士と司法書士の違いはカンタンにいうと、140万円以上の借金は弁護士のみ取り扱えます。

 

140万円以下の借金は弁護士と司法書士どちらも受注できます。

 

どれだけ借金を圧縮できるかは弁護士と司法書士の違いというよりも、その法律家の腕にかかっています。

 

自己破産・民事再生の場合

大規模な法人の破産や事業の規模が大きい個人事業者のような案件は弁護士が良いです。

 

理由は、借金額や規模が大きい案件の場合は、費用はかかりますが、弁護士のような代理人が対応する方がスムーズに進むからです。

 

個人が自己破産する場合は、司法書士のほうが費用もかからずにすみますが、司法書士は書類作成まではやってくれますが後はご自身で裁判所に申し立てにいかなければなりません。

 

・かなりの知識が必要
・修正があればまた時間がかかる
・時間がかかる間に利息も増える
・取立てがとまらない

 

などデメリットのほうが多いと思います。

 

 

ご自身で自己破産手続きをするのは結構大変です。

 

それなりに知識があり、書類作成や交渉に自信があるならご自身で自己破産手続きをすることも視野に入れてよいでしょう。


 

なので、自己破産手続きは弁護士に依頼するのが賢明だといえます。

 

任意整理の場合

任意整理に関しては、弁護士と司法書士のどちらに依頼しても交渉自体には違いはありません。

 

過払い金が140万円を超え、任意での和解が困難な場合には弁護士に依頼することになります。

 

ただ、料金面で大きく異なり、任意整理など比較的借金額が少ない案件は司法書士のほうが費用が安く済みます。

 

2つの事務所に電話をして決めるのもあり

「結局、私の場合は弁護士・司法書士どっちに依頼した方がいいの?」

 

と思われてる方もおられると思います。

 

債務整理の相談を弁護士か司法書士どちらにした方がいいかは、

 

2つの事務所に絞って電話するのもありです。

 

 

ヤミキン戦士も無料ということでいくつかの事務所に相談して決めました。


 

ご自身の借金状況をすべてお話し、
「どれくらい費用がかかるのか」
「ほんとに親身になってくれるのか」

 

電話をした自分の感覚で弁護士・司法書士どちらが良いかを選ぶのも良いでしょう。

 

総じていえるのは親身になって相談にのってくれて答えてくれる弁護士や司法書士を選ぶのがベスト。

 

私もいくつか相談しましたが、中にはほんと感情もなく事務的にやってる弁護士もおられました。

 

そういう法律家よりもきちんと債務整理後のアフターフォローもしてくれる心から相談者の立場に立って対応してくれる事務所の方が良いです。

債務整理した方の解決事例をご紹介します

 

借金整理をしてほんとうに精神的に追い込まれることのない生活を送ることができている人がたくさんおられます。

 

下記の記事は債務整理でラクになった解決事例です。


任意整理の解決事例

事例1 自己破産を考えたが任意整理にしてお金が戻った

ここでは,自己破産しないでよかったケースを紹介します。

 

実際に弁護士さんに相談され、解決した事例を記載します。

 

本名と事務所名はプライバシー上の都合で伏せています。
------------------------------------------------

その方を仮に Aさんとしますが相談に見えた時は憔悴しきっていました。

 

「サラ金6社に借金があって、もう生活が成り立ちません。返せるような借金でなくなって、私は自己破産しかないと思っているんですが・・」

 

こういうAさんの借金総額は約347万円でした。

 

契約書などの資料は少なかったのですが記憶が比較的正確で,ご自分でつくられたメモが役に立ちました。

 

「引き直し計算をすると、お金が返ってくる可能性が大きいですね。自己破産ではなく,任意整理の方がいいと思います」

 

私たちの意見に、 A さんも同意されました。

 

その結果は6社中4社は,任意整理で和解が成立、残る2社は,訴訟になりました。

 

しかし提訴後に和解の申し出が入り、無事に和解が成立しました。

 

相談後利息制限法に基づいて行った引き直し計算の結果,257万円戻ってくることになりました。

 

任意整理の結果、Aさんにはこの257万円が戻ったのです。

 

347万円の借金がすべてなくなり,上下での差額は600万円にもなったのです。

 

もしAさんがどうしても自己破産をいい張り、そのまま自己破産の手続きに入っていたらどうだったでしょう。

 

自己破産で免責が認められると,借金はゼロになりますが,257万円が戻ってくることはありません。

 

生活の新たなスタートにこの金額は大きいはずです。

 

 

もう一つ事例をあげます


 

事例2 任意整理で借金は約230万円減額、14ヶ月で完済

ここでは引き直し計算をして借金の元本が大幅に減り、任意整理で借金が整理できたケースを紹介します。
--------------------------------------------
Bさん(48歳)は再就職したばかりで,手取り月収は約22万円。

 

一緒に住んでいる母親名義の自宅の住宅ローンが月々7万円。

 

車の維持費やその他の生活費などでどうしても10万円あまりかかるということでした。

 

Bさんが無理なく返済できるのは差し引き約4万円程度しかありません。

 

借入履歴の聞き取りから減額可能という判断はたちましたが、1年ほど前の転職時に大きく借り入れを行った事実もあり、Bさんの支払い可能額144万円(4万円×36ヶ月=任意整理の原則支払い回数)まで減額できるかには多少の不安がありました。

 

そこで毎月4万円の積立を約束していただいて、任意整理の受任をしました。

 

弁護士が債務整理を受任した旨を業者に通知すると,業者からの請求が止まります。

 

 

落ち着いた生活の中で生活費もしっかり確認できるようになりました。


 

結果生活費は8万円程度で十分で、返済可能額も5~6万円になり、取引履歴も順調に集まり、積み立ても順調に進みました。

 

そこで引き直し計算をした結果、5社の残高は約48万円となりました。

 

引き直し計算で約227万円の減額となったわけです。

 

「E社は積立金から一括返済し残りの部分に関してもできるだけ速やかに完済したい]

 

このBさんの意向を受け、毎月約3万円を支払うことで和解し,14ヶ月後にはすべての借金を完済しています。

 

 

ここまでお疲れさまでした。無事に借金整理できることを心から祈っております。


【任意整理・個人再生・自己破産に強い弁護士・司法書士】借金相談や債務整理で評判のいい法律事務所記事一覧

借金相談したいときテレビや電車の中吊り広告でも弁護士や司法書士の広告はよくみかけますね。このページでは広告を出している借...

弁護士費用や成功報酬には基準があります。悪徳な弁護士に引っかからない限り、借金整理はそれほど高額な費用を請求される事はな...

借金相談の弁護士や司法書士選びで何気に気になるのが学歴。東大卒だと「おっ」とおもわず口に出てしまいそうになります。このペ...

弁護士に債務整理を依頼すると、以下のような大きなメリットがあります。ヤミキン戦士的には借金苦からの脱出のためには弁護士を...

弁護士に債務整理をするときに把握しておきたい情報を確認しておきましょう。覚えていないものは仕方ないですが、できる限り現状...

消費者金融などから借りてそのまま踏み倒した人は少なからずおられます。実はこの借金を合法的に消し去る方法があります。余談で...

弁護士を紹介してくれるサイトでは法テラスが有名で相談内容に応じて適切な弁護士をピックアップしてくれます。法テラスは・無料...

借金整理のほとんどがギャンブルやローンで生活が苦しくなったケースだと思っています。弁護士や司法書士に借金整理を相談して、...

借金の相談先は消費者センターに問い合わせても結局弁護士を紹介されるか専門家に相談してくれといわれますよね。ここでは債務整...

世の中には詐欺に近い、いや詐欺といってもいい悪質な手口で債務者の弱みに付け込んで、うま~いことお金を騙し取る弁護士・司法...

評判がよく費用も安い弁護士・司法書士事務所ここでは大阪に事務所を構える「債務整理の実績がある」弁護士と司法書士を記載して...