闇金の借金には時効がある?闇金は時効が理由で取り立てを止めることはない

闇金の借金には時効がある?闇金は時効が理由で取り立てを止めることはない

借りたお金には時効がある、そんな話を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、闇金は別問題です。

 

 

法的には借金にも時効があるのですが、元々犯罪者である闇金にそんな理屈が通じるわけもなく、取り合ってくれません。


借金って時効があるんでしょ?闇金からも逃げれるのでは?

最初にいっておくと、闇金から逃げるのはほぼ不可能であり、ありとあらゆる手を使って見つけ出されます。

 

闇金から取り立てが来る場合、個人情報や住所、家族構成は闇金に知られているということです。

 

 

つまり時効になるとどれだけ思い込んでいても、家族だけでなく知人や友人、会社にも遠慮なく迷惑をかけます。


 

結果として払う必要がなくなった時には、誰かが肩代わりをしています。

 

もしも時効があるとすれば、代わりに誰かが払ったのか、それとも何らかの理由で諦めたかです。

 

正規業者には5年の時効、闇金を個人と扱うなら10年で時効

正規登録をしている業者には5年の時効があるのですが、闇金を個人と扱うなら10年で時効になります。

 

ですが、闇金との最後の取引から10年たったからといっても、闇金にそんな理論が通じると思いますか?

 

闇金からすれば時効や法律など関係なく、だからこそ犯罪者として稼いでいるので、10年などお構いなしです。

 

 

それ所か10年経過したあとに闇金に見つかり、もしも闇金が取引を覚えていた場合、どんな目にあうか想像もできません。


 

結果的に言えば闇金に時効は通用せず、相手が諦めなければ時間など関係ない、そう考えておいてください。

 

裁判に持ち込めば話しは別

仮に10年の時効を闇金に当てはめた場合、10年してから闇金が裁判にするぞと言ってきても、むしろ戦いましょう。

 

10年が経過してもその闇金と取引をしていなくて、更に支払いもしていないのであれば、時効を理由にできます。

 

闇金も犯罪者のため法律には詳しいので、万が一にもそんな戦いは挑んでこないとは思いますが、戦っても負ける事はありません。

 

 

元々闇金に返済する義務はまったくなく、法的にも個人間の金銭のやり取りは10年で時効になると決まっています。


 

加えて刑事罰の対象になる違法な貸付しているので、裁判を起こしてくることもほぼありません。

 

もし裁判を起こすなら弁護士や司法書士に相談して任せましょう。

 

闇金に屈しない日本でも有数の司法書士

ジャパンネット法務事務所

代表司法書士:小宮山 博之

東京司法書士会1392号

簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

闇金業者が歯向かおうものなら警察と組んで闇金業者をぶっ潰します。

 

事務所:東京都渋谷区

 

ジャパンネット法務事務所の事務所ページへ

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

事務所:大阪市北区

 

ウォーリア法務事務所の事務所ページへ

 

 

下記のページも役に立ちますので参考にして下さい!