闇金と連絡取れない。そのままに放置していても問題ない?

闇金と連絡取れない。そのままにしていても問題ない?

闇金から融資を受けている際に、返済中に闇金と連絡取れない!

 

そんな事態に陥ることがあります。

 

 

これには大きくわけて二つの理由があるのですが、放置していても良い問題なのか、ご紹介していきます。


返済日が近いのに連絡取れない!どうしたら良い!?

闇金業者の手口の一つとして、返済日間近になると一切連絡が取れず、ある日闇金から電話してくることがあります。

 

これは闇金特有の手口の一つ、ジャンプと呼ばれている物であり、払えるはずのお金を払わせない手口です。

 

こうやって闇金業者は返済日近くになると、わざと連絡を取らないようにして、利息だけをつけていきます。

 

毎月返済しても一向に借金が終わらない、そんな返済をしている時は、相手が闇金の可能性が非常に高いです。

 

 

もしも気づかないうちに闇金と取引していたり、闇金とわかって取引している人は、注意が必要です。


 

返済日はまだ先なのにいきなり連絡取れなくなったけど?

元々闇金は警察に捕まるリスクを回避するために、携帯電話をいくつも所有しており、プリペイド携帯を使っている業者もいます。

 

そしてそれらの携帯電話は使い捨て状態で使用している為、闇金からの番号が毎回違う事もあります。

 

そんな闇金から連絡が取れなくなった場合、闇金が携帯電話を変えたか、警察などの関係で携帯電話を止められた可能性です。

 

アナタ以外の被害者の通報で捕まったり、弁護士や司法書士の協力を得た人のおかげで、止めている可能性もあります。

 

しかし一時的に闇金と連絡が取れないとしても、後々必ず闇金から連絡は入るので、覚えておきましょう。

いくら連絡がこないといっても借りたままや放置してはいけない

借りたお金をそのままにして返済しない、いわゆる借りパクと呼ばれる行為にあたりますが、止めましょう。

 

 

借りパクは注意しないと詐欺罪や横領罪になってしまい、被害者なのに犯罪者になる可能性があります。


 

初めから返すつもりがなくて借りるのは犯罪であり、借りた物を放置するのは横領罪にあたります。

 

そして先に紹介したように、借りパクを行おうとしても必ず闇金から連絡はくるので、手痛い反撃を食らうでしょう。

 

本来は被害を受けた側なのに、安易な考えで犯罪者にならないように注意し、闇金への対策をとってください。

 

連絡が来ないからラッキー!では無く、闇金は絶対に被害者を手放したりはしません。

 

何か意図や理由があって連絡をしてこないだけですので、その間に相応の対策をとりましょう。