闇金に返済できなくてタコ部屋に送られることはあるの?

闇金に返済できなくてタコ部屋に送られることはあるの?

テレビ番組やドラマなどのメディアでも聞くように、闇金が被害者を送るタコ部屋、名前だけは有名ですがどんな物かご存知ですか?

 

 

ほとんどの方はやはり、強制的に働かされて一生出られない場所というイメージが強いようですね。


そもそもタコ部屋とはどういう物なのか

実はタコ部屋の歴史は明治時代から続いていて、その当時は強制労働施設の事をそう呼んでます。

 

北海道開拓時代に借金などの理由から、奴隷売買の形で労働者が送られ、働かされていた場所です。

 

その生活は酷いもので、雨風が凌げれば良いような小屋に住まわされ、強制労働に限りなく近い重労働をかせられていました。

 

 

勿論その場から逃げられず、タコ部屋で働かされていた方々はそのまま亡くなり、被害にあった人は少なくなかったとも。


 

現代社会ではあくまで噂程度、実態が無い都市伝説のような形で噂されていますが、実は未だに残っている部分はあります。

 

タコ部屋の存在は年々減っている

これも噂や推測の域を出ないという方もいますが、現代でもタコ部屋は存在しているようです。

 

もっとも形として残っているわけではなく、強制労働させられるシステムを残し、債務者が送られる事になります。

 

もちろんタコ部屋に送られた人達の給料のほとんどは、闇金に徴収されて自分の手元にはほぼ残りません。

 

 

一ヶ月タコ部屋で働いたとしても、その間にも闇金の暴利で借金は膨らみ続けているのです。


 

一生働かされるのに一生返済できない、送られたら最後という言葉があるように、逃亡しない限り終わりがないのでしょう。

 

現代ではタコ部屋に送られることはほぼない

システムは残っていると紹介しましたが、タコ部屋のような、闇金が運営している寮は存在していると言います。

 

男性であればプレハブに近い所であったり、布団だけの寮のような場所もあるそうです。

 

女性であれば想像している方も多いと思いますが、闇金が運営しているような風俗店で働かされるとか。

 

 

軟禁に近いその状態の間でも、何かと理由をつけて借金を膨らませ続けるのが、闇金の恐ろしい所であり、犯罪者である所以でしょう。

 

考えられないようなことを平気で行うからこそ、今でも闇金は問題視されており、専門の弁護士がいるのです。

 

闇金に関わってしまったり、闇金から融資を受けることは、それだけのリスクが伴います。

 

もちろんタコ部屋も数あるハイリスクの内の一つでもあるので、利用しないにこしたことはありません。