闇金から借りるとき借用書に気を付けよう!無効になると油断しない

闇金から借りるとき借用書に気を付けよう!無効になると油断しない

対面型の闇金と取引をする場合、身分証明書のコピーや借用書が求められる事があります。

 

こうした種類を闇金に渡した場合、ハイリスクという言葉では収まらない状況が生まれてしまい、闇金の沼にはまってしまいます。

闇金は借用書に違法金利を書き込む

借用書はお金の貸し借りをする際に取り交わす物であり、当たり前の事なのでリスクは無いと思ってしまいがちです。

 

しかし闇金の場合は話しが別で、借用書のような書面に、違法金利を乗せた金額を書き込む事が非常に多いです。

 

本名や住所を明らかにしていない闇金の場合、借用書を作ったとしても、契約においてのリスクはありません。

 

 

しかし違法金利を書き込まれている場合、膨大な金額の請求がされますし、借用書を書かないと貸してくれない業者もあります。


 

対面型の業者の場合はほとんどの場合がそうなので、借用書を作る際は十分な注意が必要です。

 

支払い義務がないといって闇金を甘く見ない

確かに闇金の場合ほとんどが暴利であり、法律を犯しているので支払い義務は無いと言えます。

 

しかし対面型の形式を取っている闇金の場合、民事訴訟を起こして借用書などを証拠書類として提出できます。

 

闇金側が情報を開示していない業者の場合、裁判になっても勝訴出来る事がほとんどですが、書類があると話は変わってきます。

 

 

借用証書及び領収書、こうした物を闇金側が法廷に提出した場合、ほとんどの場合は勝てず、弁護士に協力を依頼しても同じです。


 

しかし対面型の業者から借りる場合、絶対に借用書を求めてくるだけでなく、書かないと言うと貸してくれないでしょう。

 

借用書は有効なの?対策はある?

万が一借用書を書かされた場合でも、ほとんどの場合は無効になり、法定利息を超えた暴利であれば特にそうです。

 

しかしそれは闇金側も理解しているので、法廷に持ち込んで証拠として提出したり、あらゆる手で嫌がらせをしてきます。

 

特に必要書類のほとんどが白紙でも受領された場合、後々闇金業者は自分達に都合の良い内容を書き込むでしょう。

 

 

なので、どうしても借りる必要がある方は実印で押印をしない事、日付や金額をしっかりと書き込んでください。

 

 

こうした最低限の対策を取って置かないと、弁護士に相談しても非常に難しい案件となってしまいます。


 

闇金もあらゆるケースや知識を働かせ、どうにかしてアナタのお金をむしり取ろうと考えています。

 

一番良いのは利用しない事であり、借用書などを書かされる場合は必ず対策をとりましょう。

 

闇金に屈しない日本でも有数の司法書士

ジャパンネット法務事務所

代表司法書士:小宮山 博之

東京司法書士会1392号

簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

闇金業者が歯向かおうものなら警察と組んで闇金業者をぶっ潰します。

 

事務所:東京都渋谷区

 

ジャパンネット法務事務所の事務所ページへ

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

事務所:大阪市北区

 

ウォーリア法務事務所の事務所ページへ

 

 

下記のページも役に立ちますので参考にして下さい!