闇金から融資の営業電話がかかってくる!理由と対策方法

闇金から融資の営業電話がかかってくる!理由と対策方法

闇金から融資の電話が何度もかかってくる方は、何故自分にかかってくるのか、理由を知らない人も多いと思います。

 

闇金から融資の営業電話がかかってきたときにどうすれば良いのか?対策は何かないのか?お困りの方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 

まず融資の電話がかかってくる場合、一番多いケースとして過去に闇金と取引したことがある方です。

 

一度取引をしてしまい、電話番号や口座番号をそのままにしたりしている場合、闇金は何度でも連絡をとってきます。

 

 

最悪のケースの場合、一ヶ月や二ヶ月という短い期間ではなく、数年間ずっと続いている人もいます。


 

闇金に知られている電話番号を持っている場合は、すぐに番号を変更するか、解約した方が良いでしょう。

 

取引に使った口座も同じく解約しましょう、もしも放置していると、押し貸しという手口に引っかかる可能性があります。

 

押し貸しについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【ヤミ金被害】闇金業者から勝手に押し貸し(振り込み)された時の解決方法

インターネットを通じて融資の申し込みをした事はありませんか?

インターネットのサイトでよくある売り文句である、ネットで簡単審査・即日融資可能といった物があります。

 

こうしたうたい文句につられて融資を受けた場合、闇金である可能性は高く、個人情報が知られています。

 

大手の消費者金融であれば大丈夫ですが、聞いた事も見たこともないような、実体の無い業者からお金を借りてはいけません。

 

 

リスクが大きすぎるだけでなく、闇金という犯罪者が運営している可能性は高確率であり、被害が大きくなっていきます。


 

紹介している金融機関はすべて正規の業者です、といったうたい文句も、闇金紹介業者の可能性があるので、注意しましょう。

 

個人再生や自己破産の経験はないでしょうか?

*管理人が債務整理した時の書類

 

闇金は利用しやすい人間を探している犯罪者であり、お金に困っている人がターゲットです。

 

自己破産や個人再生といった破産手続きの情報は、官報が一般公開をしているので誰でも閲覧する事ができます。

 

 

そのため、教えてもいないしインターネットで利用したこともないのに、自宅に闇金からの融資案が届く事もあります。

 

 

闇金と知らなくても個人情報を渡してしまっているので、電話もかかってきてしまうのです。


 

闇金は色んな所からアナタの情報を集めるだけでなく、貶めようと常に色々な動きをしてきます。

 

うかつに売り文句やうたい文句に乗らずに、名前を知っている、知名度の高い業者を利用しましょう。

 

もし営業電話が止まらいないだけでなく、強引な融資や嫌がらせを受けたなら弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

ジャパンネット法務事務所

代表司法書士:小宮山 博之

東京司法書士会1392号

簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

闇金業者が歯向かおうものなら警察と組んで闇金業者をぶっ潰します。

 

事務所:東京都渋谷区

 

ジャパンネット法務事務所の事務所ページへ

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

事務所:大阪市北区

 

ウォーリア法務事務所の事務所ページへ

 

下記のページも役に立ちますので参考にして下さい!