【公務員で闇金の取り立てがひどい!】相談先や対策方法

【公務員で闇金の取り立てがひどい!】相談先や対策方法

公務員は他の職業に比べて安定しているため、闇金にとっても望ましい顧客になります。

 

 

公務員の方が闇金からお金を借りると、非常に危険なことに巻き込まれる可能性が高くなります。


 

このページでは闇金の公務員の方への取り立てや対処方法をご紹介します。

公務員への取り立てが止むことはない

 

借金をした場合、借りた金額を完済すれば債権者との関係が終わると考えておられる方がほとんどです。

 

消費者金融や銀行からの借入の場合、法律を遵守した貸金業なので、完済イコール終了となります。

 

しかし闇金の場合は、法律遵守という考え自体がないため、完済しても返済が終わるということにはなりません。

 

特に公務員が債務者の場合は収入が安定しているため、いつまでもお金を搾り取れる対象になってしまいます。

 

例えば100万円を闇金から借り、利息分も合わせて全て完済したとします。

 

そうすると債権者である闇金は、それだけでは足りないという主張をしてきて、引き続き50万円を支払うように要求してくることがほとんどです。

 

 

つまり闇金は最初から公務員の債務者を手放す気がありません。


公務員への取り立て方法

公務員にとって一番望ましくない状況は、家族や職場に闇金からお金を借りていることを知られることです。

 

そのため闇金は、債務者である公務員の方へ職場に知られたくないなら、返済をするようにと要求してきます。

 

 

公務員の場合、闇金からお金を借りているだけですぐに懲戒免職になるということはありません。

 

公務員の中には、役所、警察、税務署、検察などで働いている方もおり、こうした方は重要な機密情報に触れる機会があります。

 

 

闇金の中には返済の代わりに、こうした機密情報を要求してくるようなこともあります。


 

そのため状況によっては、闇金から借金をしている公務員に対し機密から遠ざけるため異動辞令を出したり、自主退職を迫ることもあります。

 

 

つまり取り立てが始まると、仕事も家族も失う可能性があり、要求に従う選択肢しかないような状況に追い込まれるわけです。

公務員の闇金対策

闇金の取り立てを無視すると、間違いなく職場への鳴り止まない電話と事実無根のデマを流されます。

 

ですから公務員の方が、すでに闇金から借金をしてしまっているのであれば、今すぐに弁護士に相談するようにしなければなりません。

 

相談が遅くなればなるほど、状況は複雑になってしまいます。

 

このように公務員に対する闇金の取り立ては終わることはなく、ほとんど場合家庭や生活、さらに人生そのものが破壊されてしまいます。

 

しつこい取り立てが始まる前に、早急に弁護士と一緒に対策を練る必要があります。

 

公務員の闇金被害の解決ならこの事務所。

 

ジャパンネット法務事務所

代表司法書士:小宮山 博之

東京司法書士会1392号

簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

闇金業者が歯向かおうものなら警察と組んで闇金業者をぶっ潰します。

 

事務所:東京都渋谷区

 

ジャパンネット法務事務所の事務所ページへ

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

事務所:大阪市北区

 

ウォーリア法務事務所の事務所ページへ

 

 

下記のページも役に立ちますので参考にして下さい!