【会社員で闇金の取り立てがひどい!】相談先や対策方法

【会社員で闇金の取り立てがひどい!】相談先や対策方法

 

闇金からお金を借りている方の中で、最も割合が多いのは会社員です。

 

その理由は、会社員という立場の人にお金を貸す事が闇金にとって非常に都合が良いからです。

 

闇金からお金を借りる会社員の方の多くは、すでに他の金融機関からお金を借りており、返済が難しくなっている事がほとんどです。

 

闇金にとってはこのように返済がすでに滞っている人にお金を貸すメリットがあります。

 

 

万が一返せなくなっても職場や家族に取り立てできるからです。


常軌を逸した取り立ては想像以上に精神的にダメージを受ける

闇金への返済ができている状況では、闇金の本当の姿というものは表面には出てきません。

 

しかし一旦返済が滞ると、闇金は違法な営業を行っている業者の姿を見せてきます。

 

最初は債務者への鳴り止まない電話での取り立てが始まります。

 

 

闇金はその際に、家族や会社に知られてしまう事を盾に返済を迫って来ます。


 

この取り立てを行っても返済が行なわれないと闇金が判断した場合、実際に家族や会社への行動を起こします。

 

まずは債務者の家族が単独でいる時を見計らって自宅を訪問して、家族に対し返済を迫るようになります。

 

その方法は家の周りで借金について大きな声で叫んだり、借金について周囲に口外するなど債務者が通常の生活を送れないような圧力をかけてくるわけです。

 

 

その後は債務者が会社員であるため、会社へ借金について知らせるということを人質に返済を迫り、最終的には必ず会社へ闇金から連絡がいってしまいます。

闇金への対策はスピードが大切

会社員が闇金からの取り立てに苦しんでいる場合、1人で悩まずに早く闇金の専門家に相談する必要があります。

 

闇金の取り立ては自分で解決できる問題ではありません。

 

 

可能であれば闇金の取り立てが始まる前に、専門家に相談するのがベストな対応です。


 

仮に取り立てが始まっているのであれば、すぐに闇金専門の弁護士に相談してください。

 

このように闇金の取り立てが行われると、会社員にとって一番ネックになる会社への通知をされてしまう危険性が非常に高くなります。

 

そして家族を危険にさらす可能性もありますので、早めの相談がカギになります。

 

闇金被害の解決ならこの事務所。

 

ジャパンネット法務事務所

代表司法書士:小宮山 博之

東京司法書士会1392号

簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

闇金業者が歯向かおうものなら警察と組んで闇金業者をぶっ潰します。

 

事務所:東京都渋谷区

 

ジャパンネット法務事務所の事務所ページへ

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

事務所:大阪市北区

 

ウォーリア法務事務所の事務所ページへ

 

下記のページも役に立ちますので参考にして下さい!