闇金に借りるとき業者が家族や会社の連絡先まで聞く理由

闇金に借りるとき業者が家族や会社の連絡先まで聞く理由

闇金は借り入れの申し込みをした人から、やたらと職場や家族、友人の連絡先など借り手周辺の情報を聞き出そうとします。

 

もともと、法外な利息を設定しているわけですから取り立てが困難なことは彼らもよくわかっており、徹底的に追い込みをかけるためにこのような情報が必要なのです。

 

闇金から借りたが最後、自分だけではなく連絡先を教えたあらゆる人たちに電話をかけられ、暴言を吐かれるというのはよくある話です。

 

闇金から借りてしまう人は、最初は闇金だと気づかずに借りてしまうことも多いのです。

 

彼らの方も、巧妙に違法業者であることを隠しながら獲物を待ち構えており、受付の電話に愛想の良い女性などを使っていることもあります。

 

そして、親切に融資の相談に乗るふりをしながら話をし、本人の連絡先はもちろん、家族、会社、ときには友人までも、借り手を取り巻くすべての人間関係の情報を聞き出そうとします。

 

正規の業者なら「在籍確認」といって、借り手が申込書に書いた職場に本当に勤めているのかどうか確認するために会社の電話番号くらいは聞くことがありますが、闇金ほど根掘り葉掘り・・ということはありません。

 

ですから、やたらと個人情報をたずねられる時点で何かおかしい?!
これは違法業者なのではないか?

と気づかなければならないのですが、目の前の資金に困っている人にとってはそれを判断する冷静さが無くなっているのです。

 

そして気がついた時には1日何十回も自分の携帯にかかってくる、実家の親のところに「責任取れ!」と押しかけてくる、職場に闇金との関わりをばらされ、居辛くなるなど、取り返しのつかない状況になります。

 

彼らはなるべくカモと見定めた客を長く引っ張りたいですから、完済させてくれずにずっと利息を取り立てられ続けることもあるのです。

 

まともに話し合いでやめてくれるなどと思ってはなりません。どうにもならないと思ったら弁護士か警察へ、というのが鉄則です。

 

以上、闇金に借りるとき業者が家族や会社の連絡先まで聞く理由についてでした。

 

普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。