闇金から借りる人ってどんな人が多い?借り入れを断られることもある

闇金から借りる人ってどんな人が多い?借り入れを断られることもある

闇金から借金をする人の大半は、すでにまともな業者から借り入れができなくなっている人といえます。

 

おそらく、普通のパターンではまず事業者なら政府系金融機関など、非常に金利が安いところからの借り入れを検討するでしょう。

 

それができない事業者や、個人で小口の借り入れを希望する人が検討するのが銀行や信用金庫などです。

 

普通の銀行から借り入れができなければ次に消費者金融が考えられます。

 

正規の消費者金融ですらも年利15%から20%くらいは取られますのでそれでもきついのですが、そこからも借りられないとなるといよいよ闇金に手を出してしまうことが起こってくるわけです。

 

闇金に手を出してしまう人は後を絶たない

過去に債務整理の履歴があったり、滞納が目立つような人はおそらくどこの消費者金融でも審査に落とされるでしょう。

 

そうなると、ついつい家のポストに入っている

 

「かんたん審査」
とか
「車に乗ったまま借りられます」

 

など闇金業者と思われる組織に連絡してしまうのです。

 

本来であれば、そのような状況になれば企業なら倒産、個人なら自己破産などの債務整理を検討するのが正しいあり方なのであって、闇金から借り入れたところで所詮、一時しのぎにしかなりません。

 

しかし、その数ヶ月をしのぐために闇金に手を出してしまう人なぜか後を絶たないのです。

闇金から借りる未成年もいる

闇金の魔の手は現実のところ、未成年者にも及んでいます。

 

本来、未成年者というのは法律行為を親権者に代理してもらう必要があり、自分で勝手にした契約は取り消せるということになっています。

 

ですから、大手の消費者金融では後から取り消されることを防ぐために契約年齢を20歳以上に制限しているところもあります。

 

しかし、闇金はもともとが違法業者ですから、そのような制限をきちんと守らず、たとえ親権者から契約を取り消されたとしても執拗に取立てを繰り返してくると思われます。

 

そういった意味で、とにかく彼らには最初から関わらないことが一番大切なのです。

闇金から借り入れを断られることもある

闇金は実質、正規業者のような与信審査などしていません。

 

 

そもそも、正規業者からもはや借りられない人たちがターゲットなのですから、審査する意味がないと言ってもよいでしょう。


 

ですからとりあえず申し込めばどんな人でも貸してもらえると思ってしまいがちですが、そのような彼らでも融資を断ることがあるのです。

 

それは、「こいつには追い込みをかけられないのでは?借り逃げされるのでは?」と思うような不審な点がある申込人の場合です。

 

たとえば、すでに辞めた職場やバイトの連絡先を教えたり、実家の住所などに嘘があるとばれたら、彼らは「借りパク」される危険を感じます。

 

 

 

借りパクとは、闇金から借りるだけ借りておいて、闇金の貸付は違法だから元本も返さなくてよいということを逆手に取って返済を免れる手口のことです。


 

もちろん、これは返済義務がないことを知っていて借りるわけですから場合によっては詐欺で逮捕されることもあるわけですが、「借りパク師」などと呼ばれるプロに近い人もいるくらいで、闇金にとっては最大の敵といえる存在なのです。

 

正規の業者は、職場の連絡先を記入するといったん連絡が入って本人がいることを確認してから融資を受けられるという「在籍確認」がありますが、闇金も取立てのために連絡先の確保が命綱ですから、やはりこういった確認作業は行っています。

 

ですから、ばれないだろうと軽い気持ちで嘘を書き、後でばれるようなことがあれば報復とばかりに激しい取立てに遭うこともあります。

 

 

また、申込書に本当のことを書いたとしても、実際に居場所が定まりづらい状況の人は融資を断られることがあります。

 

 

 

たとえば日雇い労働者で、同じような人たちが集まる宿泊施設に寝泊りし、住所をすぐに移せるようなケースです。


 

このような人たちは失うものが何もないのでいとも簡単に行方をくらますことができますから、いくら闇金でも危なすぎて貸せない、ということなのです。

 

以上、闇金から借りる人ってどんな人が多い?借り入れを断られることもあるについてでした。

 

普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。