闇金に返済できなくてほんとにマグロ漁船にのせられたり風俗嬢にさせられることってあるの?

闇金に返済できなくてマグロ漁船にのせられたり風俗嬢にさせられることってあるの?

闇金からの借金にがんじがらめにされた人がマグロ漁船に乗せられて強制労働させられたという話は、ひと昔前なら現実にあったようですが、最近ではもはや都市伝説になりつつあります。

 

マグロ漁船は割に合わない

なぜマグロ漁船なのかというと、
「逃げることができずに労働させることができる」
「報酬が高い」
など、貸金業者側のメリットが多かったからです。

 

しかし、最近ではマグロ漁船の仕事自体が外国人などの安い労働者に取られて募集が少なくなり、報酬も下がってきたことからあまり旨みもなくなったためこのような所に送られるケースはあまりなくなってきています。

 

その代わり、最近のトレンドといってよいのは建物解体作業や原発関連作業の現場に送り込むことでしょう。

 

ただ、原発の除染作業の下請け業者は暴力団が介在していることもあり、賃金未払いや労働災害も多く、労災保険にすら加入していない、与えられる食事もわずかなど人権を無視されることが多い過酷な現場になっています。

 

風俗やAV出演にうながされることはある

これが女性の債務者になると、返済に行き詰まれば「金を稼げる簡単な方法がある」と言って風俗店の仕事を紹介され、強制的ではないにしろ、いかがわしい仕事で返済金を作ってくるよう要求されるケースがあるのです。

 

何人か実際そういう目にあった女性から話を聞いたことがあります。

 

強制ではなく任意で、自分の意志で風俗やAVに出演させるように巧みに仕向けるんですね。

 

たとえば、闇金に返済できなくなった女性がいたとします。その女性に対して

 

「心配しなくていいよ。俺が立て替えておくから」とやさしくなぐさめて、高金利の利息はそのままに借金額をどんどん膨らませます。

 

この間に、女性に義理や情を芽生えさせます。そして、借金額が膨らんだ時を狙って、柔らかい口調で

 

「副業でさぁすごく稼げる仕事があるんだけどやってみない」

 

と誘います。

 

その紹介先がデリヘルなどの風俗や人妻やナンパモノのAV出演というわけです。

 

ウソのようでホントの話です。

 

副業先ともつながっており、給料から返済金を天引きされて女性に渡すので、とりっぱぐれがないんです。

 

利息が高いままなので借金も減ることもなく、女性は骨の髄までしゃぶりつくされて、マンガ闇金ウシジマくんにでてくるようなボロボロの身になっていきます。

 





 

借金の額が多く、短期間で多くを稼がなければならない債務者ほど時給が高い、つまり過激な店を紹介されがちになるため、肉体的・精神的に追い詰められていくこともあります。

 

ん〜闇金専門の弁護士に相談すればこんなことにはならなかったのに・・・

 

ヤミ金は思っているほど怖い存在ではなく、銀行や消費者金融より解決しやすいこともあるんです。

 

堂々と相談しましょう。

 

内臓を売られる?!

肉体の酷使で返済するという点では、かつて「腎臓売れ、目ん玉売れ」の業者が、マスコミに大々的に取り上げられました。

 

これは違法な取り立てですから、ある程度名前の知れた業者であれば現在はこのようなことはありませんが、暴力団まがいの業者はいまだに売れば多額のお金を得られる臓器売買をすすめてくることもあります。

 

そしていったんそのような業者に引っかかってしまうと法外な利息がどんどん上乗せされていきますから、完済したという理由で彼らから逃れることはできないのです。

 

以上、ほんとにマグロ漁船にのせられたり風俗嬢にさせられることってあるの?についてでした。

 

普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。