消費者金融、サラ金、ヤミ金、街金の違いについて 

消費者金融、サラ金、ヤミ金、街金の違いについて 

銀行以外の貸金業についてはそれぞれの種類の区別がなかなかわかりづらく、すべてを同じように考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、特に消費者金融とヤミ金には明らかな違いがあります。


 

サラ金(サラリーマン金融)というのは、
消費者金融の俗称ですから、この2つはほぼ同じ意味であると思ってよいでしょう。

 

消費者金融は「団地金融」と呼ばれる団地の主婦向けの融資が始まりだったことから、庶民のための金融という意味でこのように呼ばれるようになったのです。

 

街金については、行っている業務は消費者金融と同じようなものですが、街金の方がより規模が小さく地域に根ざしており、少人数の従業員で営業している会社が多くなります。

 

 

これらを区別する上で、借りる側が一番知らなければならない重大ポイントは「正規の業者であるかどうか」ということです。


 

狭い意味で消費者金融というのは、貸金業法に定められた都道府県知事や財務局長への登録をしている業者ということになりますので、

 

登録せずに貸金業をしている会社はヤミ金ということになります。

 

街金の中には、登録業者もいますがヤミ金が紛れ込んでいることもあります。

 

ヤミ金に借りるとどのような点が問題なのかというと、彼らは法律を守るという前提で動いていません。

 

大手の消費者金融であれば特に企業イメージを大切にしますので、最近では特にコンプライアンスに厳しく、電話などの対応も他の業種と変わらない紳士的なものになっています。

 

 

しかし、ヤミ金はもともと何も失うものはないので「何でもあり」という状態になってしまうわけです。


 

程度の違いはあれ、

 

利息に関する法律を超えた高金利を要求する
取立て方法を選ばず
脅迫や嫌がらせなどを平然と行う

 

ことから、借り手の平穏な生活を揺るがせることもあります。

 

貸金業者を利用しなければならない状況になったら、登録番号をチェックして事前に正規業者であるかどうかを確認するようにしましょう。

 

以上、消費者金融、サラ金、ヤミ金、街金の違いについてでした。

 

普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。