闇金の借金解決した後に脅迫や恐喝などの嫌がらせは受けない?

闇金の借金解決した後に脅迫や恐喝などの嫌がらせは受けない?

闇金問題がようやく解決したと思っても、その後平穏な生活が取り戻せるのか気になって落ち着かない人は多いでしょう。

 

闇金との関わり合いがいつまで続くかというのは、「完済して終わった」のか「警察や弁護士が介入して終わった」のかによっても異なります。

 

自分で和解などした場合、完済できたと思っても引き続き取り立てや嫌がらせが続くことは珍しくありません。

 

要するに、闇金というのは最初から法を守る精神などありませんから、法律的にみた場合に返済が終わっているのかいないのか、そんなことはどうでもよいのです。

 

「カモ」だと思って狙いを定めた相手から徹底的に貪りつくすというのが彼らのやり方であり、金を引っ張れると思われている間はいつまでもしつこく連絡してきます。

 

「まだ完済していなかった」
「5000円だけ残っていた元本の利息が膨らんで今、20万円になっている」
など、なんだかんだと言いがかりをつけて絡んでくるのです。

 

逆に「もうこの客は手がかかるばかりで儲からない」と思われたら実にあっさりと手を引くのが彼らの特徴です。

 

ですから、警察や弁護士の介入があった人についてはその瞬間にぴたりと嫌がらせが収まることもあります。

 

彼らは違法業者である自覚は十分にありますから、一番嫌な状況というのは、法によって裁かれ、稼いだ金が没収されたり、逮捕されて身柄を拘束されることなのです。

 

ただ、中には弁護士が介入しても強気な業者もいますし、闇金処理に詳しくない弁護士ではかえって問題をこじらせてしまうこともあります。

 

もし、嫌がらせがエスカレートし、すしやピザなどの出前を大量に届ける、職場に1日何十回も電話をする、家族や同僚にも暴言を吐くなどのことをするようであれば、証拠をしっかり残した上ですみやかに警察にかけ込みましょう。

 

電話での督促のみの段階だと警察の動きが鈍いこともありますが、業務妨害や脅迫が具体化してくれば対応せざるを得なくなるからです。

 

以上、「闇金問題解決したけど脅迫や恐喝などの嫌がらせは受けない?」でした。

 

普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。