闇金に払ったお金を直接取り戻すのは難しいが、銀行口座の残高を分配しての返金の可能性はある

闇金に払ったお金を直接取り戻すのは難しいが、銀行口座の残高を分配しての返金の可能性はある

 

闇金に今まで言われるがままに支払ってきた。

 

総額で相当な金額に上っているはずだから、専門家や警察の手を借りれば少しは返済できるのではないか?と思う人もいるかも知れませんね。

 

結論から言いますと、闇金業者から直接返金してもらうのは至難の業ですが、「被害回復分配金支払申請」をすると、振り込みや凍結された銀行口座の残高を分配されることがあります。

 

自分でもできるのですが、弁護士や司法書士に任せたほうが確実です。

 

流れとしては闇金の貸し借りに使用した銀行口座は犯罪に利用されたと判断して、銀行側はすぐに凍結することができます。

 

そして、預金保険機構のホームページで一定の公告期間が終わると、口座名義人の権利が消えます。そのあとに、「資金を分配してくれ」と申請します。

 

残高を分配するのですでに引き下ろされているお金に関しては戻ってきませんが、お金が返ってくる可能性が十分あるということです。

 

 

闇金に支払ったお金が取り戻せるケース

返金の可能性がもっとも高いのは店舗型の闇金

数年前と比べ店舗型(事務所)の闇金業者はめっきり少なくなりましたが、摘発されればすぐに取り締まることができるので、闇金業者側は刑事告発されるのをおそれて返金に応じるケースはたくさんあります。

 

いまでは質屋、貴金属、チケット販売で闇金業者とわからないようにうまく融資を行っていますし、自宅から電話1本で個人掲示板などで借りたい人を集めるヤミ金業者も存在します。

 

実態をつかみやすいので全額もしくは一部の金額を取り戻せることが期待できます。

待ち合わせ型の闇金に返金させるのは難しい

パチンコ店や駐車場で待ち合わせをして、融資する闇金業者の場合は、居場所をつかむことが難しいので取り戻せる可能性は低いです。

 

1人で取り戻すにも法律家が介入してもまず逃げられますね。

 

しょうがいないですね。。。

電話1本でやり取りする090金融も不可能に近い

ほとんどの闇金は電話1本で取引する090金融が大半をしめます。

 

これもほぼ100%取り戻せる可能性はないと思ってください。居場所を特定するのが難しいからです。

過払い金は戻ってこない

過払い金というのは正規の貸金業者に適応されるので、違法な闇金はそもそも過払い金というものは発生しません。

 

正規の金融業者の過払い請求までの流れのイメージを解説すると、

 

まず借り手本人か専門家から今までの取引履歴を請求し、それが送られてくる。

 

取引履歴をもとにして本人か専門家が過払い金計算ソフトで取引の内容を打ち込んでいき、結果として過払い金があれば業者にFAXや郵便で返還請求をする。

 

業者から電話がかかってきて和解内容を詰めていく、話し合いがまとまれば決まった日に振り込まれ、まとまらなければ訴訟などに移る。

 

大体こういった流れになるのですが、闇金の場合は最初の段階からほぼ間違いなくスムーズにいきません。

 

一昔前は、取引履歴の請求に対しては大手業者も簡単に応じないことが多かったのですが、現在では正規の業者ならほぼ間違いなく取引履歴を送ってきます。

 

しかし、元から法を守る気などさらさらない闇金業者は、取引履歴をまともに出すことなどなく、開示請求を無視したり、逆上して脅したりしてきます。

 

また、正規の業者には訴えを起こして勝訴判決を取り、それに基づいて取り戻しを請求する方法もあるものの、訴訟を起こす前提として相手方業者の名前や本店などがわかっていることが必要ですから、何もわからない状態では訴訟の起こしようがありません。

 

闇金業者というのはだいたいが拠点などの情報が明らかになっていないことが多く、特に、090金融と言われる携帯一本で商売をしている業者は事務所を持たず、お金の受け渡しもショッピングセンターの駐車場で行うなどのことが多いのです。

 

もしも弁護士に頼んでこういった業者の取り戻しをしようとすれば、一般の業者相手にするよりも費用も高くなり、トータルであまりプラスにならないこともあります。

振り込め詐欺も全額返ってくる可能性が高い

最近ではテレビでも頻繁に報道されるようになった振り込め詐欺ですが、結構昔から同じような手口が行われていました。

 

10年くらい前までは「オレオレ詐欺」と呼ばれており、「母さん、オレだよ、オレ。実は交通事故起こしちゃってさあ、示談するために金が必要なんだ」など、自分の名前を名乗らずに相手をパニックに陥れ、お金を振り込ませるという手法でした。

 

しかし、この手口が広く報道されるようになって世間に浸透してくると、騙し方のバリエーションが非常に多くなってきました。

 

たとえば劇場型と言われる、役者が多数いるパターンです。

 

これは、悪徳業者が警察役、弁護士役、親族役など色々な役に分かれ、さながら大がかりな芝居のように電話のむこうでセリフを演じるのです。

 

また、政府の政策でなにかの給付金制度ができたりすると、それに乗じて色々な名目でATMからお金を振り込ませる手法も現れます。

 

特に相談相手が少ないお年寄りは「市役所です」などと言われるとうっかり騙されてしまうこともあるようです。

 

振り込め詐欺と闇金は一般的には分けて考えられていますが、根本的に違法行為という点で共通であり、同じ人間がやっていることも多いのです。

 

もし、振り込め詐欺被害に遭ってしまった場合も、「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」(俗に「振り込め詐欺救済法」と呼ばれる)で救済されることがあります。

 

金融機関が警察などから犯罪に利用されている口座の情報を得ると、その口座を凍結してお金をおろせないようにします。

 

そして、金融機関から預金保険機構というところに依頼をしてその口座の権利を消滅させるための公告をしてもらい、一定の期間を経過すると権利が消滅するので被害者にお金を分配するのです。

 

ですから、万一振り込め詐欺に騙された人も恥ずかしいなどの理由で泣き寝入りせず、必ず警察に被害届を出し、証拠になるようなものがあれば保管しておくことが大切です。

ヤミ金が主張する元金和解には乗るな!

闇金から、「こいつはもうこれ以上金を引っ張れない」と思われると彼らの方から和解案を提示してくることがあります。

 

例えば「元金と和解金を一括で」などと言ってくるのです。

 

これはボロボロになった借り手からすると、渡りに船とばかりに乗りたくなる話なのですが、少し冷静になって考えてみましょう。

 

そもそも、闇金というのは法律で定められた利息をはるかに超える利息を要求しています。

 

つまり、この契約自体が違法なのであり、元金すら返す必要はないのです。

 

もう少し詳しく言えば、出資法という法律で定められた109。5%を超える利息を要求した場合、刑事罰の対象になる他、契約自体が無効になります。

 

本来、無効になった契約は原状回復といって双方が契約前の状態に戻さなくてはなりません。

 

しかし闇金の場合は「不法原因給付」という民法の規定にあたる行為をしています。

 

これは「倫理に反するほど不法な理由で給付されたお金」ということであり、こういったお金は給付した人が「返してくれ」とはいえないと規定されているのです。

 

闇金の設定している超高金利を法律にのっとって計算し直すと、ほとんどの場合は元金などとっくに終わっており、逆に余分な利息を返してもらえるくらいなのです。

 

法律家の中にはあまり闇金対策に慣れていない人もおり、穏便な解決のためとしてそのような和解をすすめてくることもありますが、彼らには何も支払う必要がないということを自分が理解しておくことが大切です。

 

そして、彼らの提案通りに和解をしてこれが最後とどうにかお金を工面し、元金や和解金を一括で支払ったとしても、その後も「まだ終わっていませんよ」などと言ってさらに取立てをしてくることもあります。

 

そして、和解の条件として新しい銀行口座や携帯電話を要求されることもありますが、決してこのようなものを渡してはなりません。

 

犯罪用の道具として悪用され、最悪の場合は自分も逮捕される危険があるからです。

 

以上、闇金に払ったお金を直接取り戻すのは難しいが、銀行口座の残高を分配しての返金の可能性はあるでした。

 

ぜひとも、信頼できる弁護士・司法書士と組んで支払ったお金を取り戻してほしいと思います。