イオンカードをうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

イオンカードをうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

イオンカードはイオン系列のお店で、一定の日に割引価格でショッピングができるので、利用している人も多いのではないでしょうか。

 

 

イオンカードを債務整理する場合ですが、任意整理の方法で行うのが通常です。

 

2006年以前から借入がある人は、過払い金が発生している可能性があるので、その返還請求手続きを一緒に行うことになるでしょう。

 

任意整理でイオンカードを債務整理していく際、メリットが生じる場合もあればデメリットが生じる場合もあります。

 

イオンカードを債務整理するメリット

イオンカードを債務整理すると、返済する負担が抑えられたり、借金額を減らせたりするメリットがあります。

 

任意整理によって、将来利息を免除してもらえ、なおかつ5年を基本とした分割返済に対応してもらえるからです。

 

さらに、過払い金が発生している場合であれば、それを回収して返済資金に当てられます。

 

返済の負担だけではなく、借金額も減らせるのです。


任意整理や過払い金請求は、裁判所を利用せずにイオン側と直接交渉して行います。

 

手続きの際に裁判所から自宅や勤務先へ書類等が届くこともありません。

 

このように、家族や会社に知られることなく債務整理ができるというメリットは見逃せません。

 

イオンカードを債務整理するデメリット

一方、デメリットもいくつかあるので、手続きする前にしっかり認識しておかなければなりません。

 

まず、任意整理や過払い金請求をする期間が長くなります。

 

取引履歴の開示請求をした場合、対応してもらえるまで2ヶ月ほど要するからです。


さらに、イオンの交渉担当者を決定するまで1ヶ月ほど要します。

 

そのため、任意整理や過払い金請求の手続き完了まで、半年以上かかる場合も珍しくありません。

 

その他、信用情報に傷がつき、クレジットカードの審査に支障が出たり、イオンカードが利用できなくなったりします。

 

イオンカードを債務整理するのであれば、このようなメリットとデメリットを考慮しながら、手続きするか否かを決めていくとよいでしょう。

 

下記のページではイオンカードで債務整理をされた方の体験談を募集して、許可を得て掲載しています。参考になれば幸いです。

 

イオンカードをうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート記事一覧

借入先 イオンカード・ライフカード・アコム借り入れ金額 200万円借入期間 3年8カ月毎月の返済...

借入先 イオンカード・エポスカード借り入れ金額 210万円借入期間 3年3カ月毎月の返済額&nb...

借入先 イオンカード借り入れ金額 100万円借入期間 4年3カ月毎月の返済額 5万円借金...

借入先 イオンカード・アコム借り入れ金額 150万円借入期間 3年3カ月毎月の返済額 4...

借入先 イオンカード・アコム借り入れ金額 100万円借入期間 5年3カ月毎月の返済額 3...

借入先 イオンカード借り入れ金額 150万円借入期間 4年3カ月毎月の返済額 5万円借金...

借入先 イオンカード・楽天カード借り入れ金額 150万円借入期間 3年3カ月毎月の返済額&nbs...