消費生活センターに闇金の相談したいけど実際どうなの?

消費生活センターに闇金の相談したいけど実際どうなの?

消費者生活センターとは独立行政法人の国民生活センターの事で、全国各地に窓口があります。

 

消費者生活センターはほんと僕たちの生活を向上させることを考えてくれていて、めちゃ心強い機関だと思っています。

 

もちろん闇金被害のことも相談に応じてくれます。

 

具体的には各地域の消費者生活センターで相談会というものを開いていてそこでは弁護士や司法書士などの専門家に直接相談できます!

 

希望であれば弁護士や司法書士も紹介してくれます。

 

消費生活センターのマイナスポイント

消費生活センターのマイナスポイントとして法テラスと違い費用の立て替え制度がないのと、

 

弁護士や司法書士に相談するには「相談会」というものに参加しなければなりません。

 

闇金被害に着手する費用が安くなるか後払い対応できるかどうかは当日になってみないと分からず、

 

時間がかかってしまうのとこちらが出向いていけなければいけません。

 

消費生活センターに闇金の相談するってどうすればいいの?まとめ

消費者センター側が闇金業者に直接何らかの対応をするということは考えられないので弁護士か司法書士を紹介してもらう形になると思います。

 

闇金問題となると早く着手してほしいので、相談に行きつくまで法テラス同様時間がかかるのが難点です。

 

あとめんどくさいなと思うのが僕と合わない弁護士や司法書士を紹介されたらまた1から探してもらうことになるのでそれがいやで消費者生活センターでは紹介してもらいませんでした。

 

「それでも構わない」という方もおられると思いますので連絡先を掲載しておきます。

 

全国の消費者生活センターを探すなら

お近くの消費者生活センターを探すなら、国民生活センターのホームページがわかりやすくてGOODです!

 

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

 

消費者生活センターのホームページに行くと電話番号が掲載されていると思いますので

 

この電話番号にかけて闇金からどんな被害を受けているか詳しく説明してください。

 

きっちり対応してくれると思います。

 

以上、「消費生活センターに闇金の相談したいけど実際どうなの?」でした。
普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。