モビットのをうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

モビットのをうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

モビットは三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループの共同傘下に置かれていました。

 

 

その後2014年にプロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスが100%の株式を取得し、三井住友銀行グループの傘下になっています。


 

銀行系消費者金融であり、WEB完結サービスが特徴的な業者です。

 

 

モビットの債務整理に対する対応

モビットは、銀行系消費者金融であることから、債務整理に対する対応は良心的だと言えるでしょう。

 

将来利息の全額免除に応じてもらえるだけでなく、滞納している人でも債務整理に応じてもらえるメリットがあります。

 

さらに、内緒で手続きできるのも見逃せません。

 

また、任意整理により、分割返済にも応じてもらえるので、月々の返済額の負担を抑えられるのもメリットでしょう。

 

しかし、取引期間によって分割返済期間の長さが変わります。

 

取引期間が5年以上ある場合は、分割返済期間も5年で応じてもらうことが可能ですが、基本は3年が限度で、取引期間が短かったり、返済額が少なかったりする時は、それ以下の期間になる場合も少なくありません。

 

 

月々の返済額の負担を抑えられるメリットが受けにくいのが難点です。


また、モビットでは過払い金が発生する可能性がないので、債務整理をしても借金額が大幅な減額になったり、なくなったりしないことも把握しておきましょう。

 

それから、モビットを債務整理してもあまり恩恵を受けられなかったり、デメリットが生じてしまったりする場合があります。

 

モビットの債務整理をするデメリットについて考えてみた

モビットへの返済が進んでおり、借金額が少ないときは、債務整理による恩恵をあまり受けられません。

 

発生する将来利息が少なくなるので、あまり借金額が免除されないからです。

 

 

そのため、借金額が多くて将来利息がたくさん発生する時期に、債務整理をしたほうが得策だと言えます。


また、クレジットカードやキャッシングの審査に通過できなくなるデメリットがあります。

 

債務整理をすると信用情報に事故情報として登録されます。

 

この登録が抹消されない限り、審査が下りないのです。

 

このような事情を考慮して、モビットを債務整理するか否かを決めるとよいでしょう。

 

下記のページはモビットで債務整理をされた方の体験談を募集して、許可を得て掲載しています。参考になれば幸いです。

 

モビットのをうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート記事一覧

女性にモテたいためにキャッシング・・・これを読んだとき管理人もそんな過去があったことを思い出しました。オトコは女にモテた...

借入先 モビット・ANAカード・三井住友VISAアミティエカード借り入れ金額 300万円借入期間&nbs...