レイクの借金をうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

レイクの借金をうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

かつては消費者金融として営業していたレイク。

 

2011年に新生フィナンシャルがレイクの事業を引き継ぎ、それ以降は新生銀行のカードローン商品として存在しています。

 

消費者金融時代に、レイクを利用して借入した人も多いでしょう。

 

管理人も利用しておりました。

 

 

 

銀行カードローンになってからも、2つの無利息サービスやスピード融資などお得かつ便利なので、借入の需要があります。

 

このようなことから、レイクで借入しすぎてしまい、債務整理を検討している人もいるのではないでしょうか。

 

レイクの借金をうまく債務整理する方法

レイクを債務整理する際に生じるメリットを受けたいのであれば、早い方がほうがよいでしょう。

 

消費者金融時代のレイクで借入をしている場合は、借金をゼロにできる可能性があるので、積極的に手続きしたいところです。

 

この場合は、過払い金が発生しているので、その請求手続きを同時に行えば、相殺によって借金がなくなることも少なくありません。

 

 

例えば、50万円前後の借金を抱えていた場合でも、それ以上の額の過払い金を回収できれば、一気に借金を解消できます。


また、過払い金額が借金の額より少ない場合でも、大幅に減額できるので、メリットがあると言えるでしょう。

 

2014年に日本GEの過払い金の損失補償が打ち切られました。

 

それにより、幾分過払い金請求の対応が鈍くなりましたが、まだ良心的な対応をしてくれるので、手続きしやすいです。

 

その他、家族や会社に知られないで手続きできる、分割払い期間を7年程度まで伸長できるなどのメリットもあります。

 

債務整理することによるデメリット

一方、レイクを債務整理すると、信用情報に傷がついてしまい、クレジットカードなどの審査に通過できなくなってしまいます。

 

過払い金請求をした場合でも、借金が残れば同様の扱いです。

 

過払い金請求は債務整理ではないから、信用情報に傷がつくことはないだろうと考えがちになるので、気をつけたほうがよいでしょう。

 

それから債務整理によって、レイクカードが解約になってしまうデメリットもあります。

 

任意整理をしたときだけではなく、過払い金請求をした時も対象となるので注意が必要です。

 

下記のページではレイクで債務整理をされた方の体験談を募集して、許可を得て掲載しています。参考になれば幸いです。

レイクの借金をうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート記事一覧

借入先 レイク・アコム・アロー・セゾンカード借り入れ金額 300万円借入期間 4年2ヵ月毎月の返...

借入先 レイク借り入れ金額 140万円借入期間 5年2ヵ月毎月の返済額 3万5千円借金減...