アイフルの借金をうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

アイフルの借金をうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート

大手消費者金融の中には、銀行グループに属している業者がほとんどです。

 

しかし、なかには独立して営業している業者もあり、大手消費者金融では唯一アイフルがこれに当たります。

 

 

このページではアイフルの債務整理の対応の現状を解説して、実際、債務整理をした人の体験談を記載します。

 

銀行資本のバックアップがないので、アイフルは他の大手消費者金融に比べると、資金力に問題があります。

 

アイフルは資金力に問題がある

 

アイフルを債務整理するか否かを決める場合、この点を考慮しなければならないでしょう。


アイフルを債務整理するときに、任意整理の方法であれば、他の消費者金融と同様、寛大な対応をしてもらえる場合が少なくありません。

 

例えば、将来利息は原則免除、手続き後の分割返済も5年まで伸長可能です。

 

さらに10年程度延滞している人に対しても、債務整理に応じてくれます。

 

 

また、任意整理であれば、家族や会社へ知られてしまう心配をすることなく手続きを進められますね。


 

そのため、任意整理の方法で債務整理をするのであれば、一般的にメリットは大きいと言えるでしょう。

 

ただ任意整理と同時に過払い金請求をする場合は、一概にメリットがあるとは言えません。

アイフルで債務整理する際気をつけたいこと

アイフルは経営資金に余裕がないので、過払い金請求に対する対応は厳しいからです。

 

場合によっては、過払い金の1割程度しか回収できないときもあります。

 

手続きに時間をかけた割には、その見返りが少ないのであれば、それはデメリットになってしまうでしょう。

 

 

過払い金請求がスムーズにいかなくて、任意整理にも支障が出てしまうことも十分考えられます。


 

その他、クレジットカードやローンの審査に影響が出てしまうことを忘れてはなりません。

 

アイフルを債務整理した場合も、当然信用情報にその旨が登録されてしまいます。

 

信販会社や金融業者が審査をする際、信用情報に登録されている事故情報をネガティブと判断するのです。

 

そのため、アイフルを債務整理した後、クレジットカードやローンを利用できなくなります。

 

アイフルカードが自動解約になってしまうのもデメリットだと言えるでしょう。

 

下記の記事はアイフルで債務整理をされた方の体験談を募集して、許可を得て掲載しています。参考になれば幸いです。

アイフルの借金をうまく債務整理する方法と実際に借金減額した方の体験談をレポート記事一覧

借入先 アイフル・アコム・モビット借り入れ金額 220万円借入期間 4年毎月の返済額 8...

借入先 アイフル借り入れ金額 110万円借入期間 2年3か月毎月の返済額 4万2000円...

借入先 アイフル・アコム・レイク・モビット・アロー・フクホー・セントラル・ライフティ借り入れ金額 400...

借入先 アイフル・プロミス・ディック・PARCOカード・ルミネカード・楽天PINKカード借り入れ金額 2...

借入先 アイフル・プロミス・アコム・リクルートカード・アメックス借り入れ金額 415万円借入期間&nbs...