闇金や090金融の借金は元本も返さなくてよい。逃げると地の果てまで取り立てに来る

闇金や090金融の借金は元本も返さなくてよい。逃げると地の果てまで取り立てに来る

闇金業者や電話1本で融資できる090金融からつい借金してしまった人や、無理やり口座に振り込まれて返済に困っている人もおられるでしょう。

 

闇金や090金融は違法なので借りたお金を返す必要はありません。

 

ヤミ金からの借り入れは法律に反する利率で貸し付けていますから契約自体が無効となり返済義務はありません。

 

 

このことを「不法原因給付」といって、法律で決められています。


 

事実、返さなくてもよいとされた判例はいくらでもあります。

 

ですが中にはまともに返済しなくてもいいと考え、わざと闇金から借りて踏み倒す悪い人もいます。

 

ここでは闇金からの借金は返さなくていい理由と闇金から逃げるとどうなるか実際の事例を紹介したいと思います。

 

 

闇金からの借金は契約自体が無効とされるので返さなくていい

闇金から借りてしまったらあまりに利息が高く、払えなくなってまた他の業者から借りて返す、という人もいます。

 

しかし、闇金はそもそも違法業者であるため、元本も返さなくてよいのです。

 

その理由はこのようなものです。

 

利息については法律の決まり事があり、利息制限法で最大年利20%という上限が定められています。

 

でも、闇金の場合、俗に言われる「トイチ(10日で1割)」とか「トサン(10日で3割)」など、これをはるかに超える高金利を取っているのです。

 

トイチの場合、年利にすると365%にもなります。

 

出資法という法律では年利109.5%を超える利息を取った業者には懲役や罰金などの刑事罰が科せられる他、契約自体が無効とされてしまうのです。

 

無効というだけなら、契約前の状態に戻すのではないか?それなら元本だけは返さなければならないのではないか?と思う人もいるかも知れません。

 

でも、闇金の場合は暴利を貪るつもりで高金利を設定して契約をし、お金を給付しているので民法の「不法原因給付」というものにあたり、この場合は給付した人、つまり闇金は返還請求ができないのです。

 

また090金融のような電話での融資も法律で認められていません。違法です。

 

正規の貸金業を行うには固定電話は必ず必要ですし、事務所も構えて貸金業登録をしないと営業できません。

 

違法を逆手にとって借金を踏み倒す人もいる

ただ、「元本を返さなくて良い」ということを悪用し、逆に最初から一円も返す気がなく、借りるだけ借りて踏み倒すという「借りパク師」というものが出てきています。

 

たとえば、
・家族や職場の連絡先を教えなくてよい業者から借りる
・自分の名前は偽名、プリベイド式携帯電話を使って連絡先をすぐ変えられるようにする

 

など極力闇金からの取立てができないように頭を使い、そして、万一それでも取り立てが来てしまったら警察にかけ込む、という手段を取ります。

 

いくら闇金からの借り入れは返す義務がないとはいえ
もし最初から偽名だった
ほとんど返済もしていない
などが発覚すれば最悪の場合、闇金側から詐欺で訴えられる危険性もあります。

 

ですからこのような手口は決して真似してはなりません。

 

闇金は取立てが命です。どんな言い訳や焦げ付かそうと考えようと何が何でも回収しようとします。

 

また闇金側も人間。舐めてきた相手には法律なんて関係なく感情が優先し、手を出すことも普通にあります。

 

格闘技をやっていて自信があっても歯むかおうものなら、武器で一発でやられます。

 

警察につかまるのが怖いくらいの肝っ玉の小さい人間だったらこんな商売やりません。

 

闇金業者同士もつながっていますから、つながりを見くびってはいけません。

 

どれだけ逃げようとしても追いかけてくる闇金の取立ての事例を紹介します。

死んだとうそをついて踏み倒そうとしたケース

借りた側も色々と考えるもので、どうにか逃げれないか頭をフル回転します。

 

1つの例として死んだとうそをついて踏み倒そうとするケースがあります。

 

たとえば、自宅や職場にヤミ金業者の取立てが来たとします。

 

そのとき債権者の奥さんや身内の方が泣きながら「実は亡くなりまして・・・」と演技をします。

 

ヤミ金業者に「もう死んでいるので返せない」と思わせようとします。

 

ですが闇金業者もそのままうのみにはしません。

 

確認してきます。

 

ほんとうに死んでいるのかチェックするために、「友人のフリをして焼香させてほしい」と再び家にいきます。

 

仏壇を見て初めて「死んだ」と認識するのです。

 

ウソをつていることを知ったとたん暴力的になる業者もいます。

 

まず家の前で待ち伏せして、死んだはずの債権者を待ち伏せます。

 

ご対面すると「謝るのはいいからさ。ちょっとこいよ。テメエ」と本気でビビらせます。

 

「死んだフリするくらいなら、死ぬ気で返せよなオラァ!」

 

・・・

 

コレが原因で本当に自殺される方もいます。

 

取立てがソフトで平和主義な闇金業者もいれば、殴る蹴る引きずりまわすのも当たり前という業者だって当然います。

 

むしろそういう業者のほうが多いかもしれません。

 

警察を呼んでもひきさがらない

「取り合えず今日は払えないんだ。警察呼びますよ」と言いたくなるケースもあるでしょう。

 

闇金業者はそんなことでは引き下がりません。

 

「さっさっと呼べよ」

 

警察がナンボのもんじゃいと堂々としています。

 

ほんとうに警察呼んだとしても、暴力を振るわれたなら捕まる可能性はありますがそうでなければ

 

「俺たちは金を返してほしいんだ。こいつら返さねえんだ」と警察に話します。

 

警察側も「事情はよくわからないけど、借りたものは返さないとダメだよ」と当事者で話し合ってくれという姿勢です。

 

これが警察の民事不介入というものです。

 

いまでは闇金対策が強化されたのでここまで放っておく事はないかもしれませんが少なくとも闇金業者は警察を1ミリも怖がっていません。

 

ヤミ金解決方法は専門の法律家がベスト

借りたお金は返さなきゃ・・という固定観念があると思いますが、時と場合によっては、心を鬼にして戦うことも必要です。

 

ヤミ金戦う方法は専門の法律家に頼むのが一番早くて確実です。警察とも連携をとって解決してくれます。

 

特に弁護士は闇金の取立てをしないように説得することができます。よって、すぐに解決する場合も多く、力になってくれる存在です。

 

また、どのように対策を取るべきかなどの対処の方法も教えてくれます。

 

闇金の中には自宅だけではなく職場や子供の学校などにも嫌がらせをする悪質業者も多いです。

 

万一、自宅に侵入されたりした場合には、早急に警察にも電話をするようにしましょう。

 

闇金から借りたお金はいっさい返済する必要はないので返さないようにし、執拗な取立てには可能な限り身を隠して逃げてください。

 

以上、闇金から逃げるとどうなるの?ヤミ金は取り立てが命でした。

 

普通の弁護士は闇金の相談は儲からないので嫌がります。なので闇金専門の法律家は限られます。借りている人は下記の記事も読んでください。